ブリスベン日記14(素朴なゲーム編)

bestworker

こんにちは!

先日、地元の公園であった小さなイベントに行ってきました。

正直、全く期待していなかったので、1時間くらいで飽きちゃうかな?と思っていたところ、

地元ということもあり学校の友達が沢山来ていて、結局3時間以上も楽しんできました。

 

今回のイベントは、地元の教会が主催で、ホットドックやfairyfloss(綿あめ)、手作りのお菓子など全てが無料でした!

D14-11

物価の高いオーストラリアでこのような無料イベントは本当に有難いです!

 

みんな敷物や椅子を持って、ピクニック気分です。

D14-1

 

クラフトもありました

D14-10

 

そして、今回感動したのがこのゲーム達!

単純な手作りのものばかりですが、実際に遊んで見ると楽しいものばかりでした。

 

ミニパターゴルフ

D14-2

 

ブーメランを投げて、穴に通してみよう!

D14-8

 

いつの時代ですか?って雰囲気ですが…

D14-4

 

ボールを運ぶゲーム

D14-314-7

 

最後までルールが分からなかったもの…(汗)

D14-9

 

そして、次男がハマったのがこれ!

D14-6

 

瓶を輪っかに入れて立たせるだけなんですが、

やってみるとかなり難しいんです!

 

結構長いこと遊んでました…(笑)

 

普段、コンピューターやタブレットなど、機械を使ったゲームばかりで

遊んでいる子供達ですが、やっぱりこういう手作り&シンプルなゲームで

遊ぶのもいいなぁと思いました。

 

それにしても、どうしてオーストラリアはこういうイベントの時に、

必ずsausage sizzle(ホットドック)なんでしょうか?

 

他にも色々と出来るんじゃないかと思うのですが…、本当に不思議です。

 

 

開く 閉じる