ワーホリ、生活するのにどれくらい費用がかかるんだろう…?

オーストラリア海外ライフサポートアンバサダー

期待を胸に、シドニーでの新生活をはじめようとする皆様。
また、ワーホリを始めたいけれど予算はいくらくらいなんだろう。
いくら貯金すればワーホリに出発できる?

そんなお悩みをお持ちの皆様方。
実際にワーホリに来た方々の中からいくらかかるかを調査してみました。
※2019年度版です、あくまで基準の一つとなりますので人により
金額は異なります。参考程度にご覧くださいませ。

(トラトラのワーホリパックとは?

1ヶ月目 初期費用にかかる金額って…?

出国前に一番気になる部分は、初期費用…。いくらあったら、海外へワーホリに行くことができるんだろう…オーストラリアにいくにはいくらお金がかかるんだろう、皆さんそんなお悩みをお持ちかと存じます。もちろん私も出国前は同じ様に悩んでいました。
まず、初期費用に必要なものはなんでしょうか?

学費(学校に通う場合)

学校に通われる場合学校に通う週分の学費が必要になります。(平均的に皆さん12週〜16週程度通われます、語学力向上のために通われる方が多いです)

当面の生活費

学校に通うかどうかによって必要な生活費が異なってきます。学校に通っている期間はフルタイムで働くことができないため、どうしても収入が少なくなってしまいます。この期間分を補う生活費、仕事が見つかるまでの生活費は必要となります。
学校に通われない場合は、この限りではなく約10万円で生活を始められる方もいらっしゃいます。人により異なってきますので、現地の情報などを色々調べながら準備をしてどういった生活どういったプランで生活したいのか、学校に通いたいのかしっかりと考えるとご自身に必要な予算がわかりますよ!

2ヶ月目 シェアハウスの費用って…?

オーストラリアでの住宅事情

オーストラリアワーホリでの生活では主に、シェアハウス・ホームステイが一般的です。住む場所や、お家により金額なども大きく違います。ご希望と値段のバランスをとって選ばれることが多いです。
便利な場所に立地していて、マンションの上階などになるとやはりお値段が上がります。この点は日本とは変わりませんので、ご希望と併せてインスペクションを何度かして選ばれることをおすすめします。
シティの真ん中に住まれる場合などは日本の都市圏にお住いになられるのと同様にお値段がその分あがってしまうとお考えください。


お家探しをされる際にはこちらをご参考になればと存じます。
なれると難しくないお家探し。英語でインスペクション!


オーストラリアでのシェアの仕組みです。トラブルにならないようにチェックしておきましょう!


3ヶ月目 交通費っていくらくらいなの…?

カードの違い

オーストラリアでの電車・バスの乗車には日本と同じようにICカードを購入しておくと便利です。日本でも関西・関東、その他地域でカードの名称が変わるように、オーストラリアでも都市によりカードの名前が変わります!

都市名 カード名
シドニー オパールカード
ブリスベン・ゴールドコースト ゴーカード
メルボルン Mykiカード
キャンベラ My wayカード
アデレード Metroカード

シドニーのカード

シドニーで使うカードはOpalカード(オパールカード)。上の画像のように黒いカードに文字の入ったカードになります。街の中心部~郊外で交通費が大きく変わってきます。住む地域によってはフェリーで通勤通学をすることもあります。
シドニーではシェアハウス・ホームステイによって学校・通勤場所への値段が大きく変わります、日本と同じくらい程度とご想像頂けますと幸いです。

4ヶ月目 気になるワーホリの仕事事情って?

一番数が多いのは飲食関係

オーストラリア全体を見通した時にやはりいちばん数が多いのは飲食関係のお仕事が多いです。(これは日本と同じで生活と密着しているお仕事なので数が多くあります。)ローカルジョブであっても、ジャパニーズレストランであってもやはり母数が多いためお仕事が探しやすいです。
時給は都市やサバーブ、お店によってまちまちです。

実は、色んな仕事が!

オフィスワークから配送、またマッサージ、人によっては弁護士のアシスタント(!?)の仕事をGETする方もいます。色々なところを探せば、お仕事は色々なところにあります。仕事の探し方や英語での履歴書の書き方がわからない方は、仕事探しセミナーにご参加くださいませ。

※通常、英語履歴書の書き方はトラトラスタッフはご案内しておりません。仕事探しセミナーでのみのご案内となります。英語履歴書に関しましてはネイティブの方に添削してもらうことをおすすめしています。特に語学学校の担当の先生に頼まれる方が非常に多いのでその方法をおすすめしています。

5ヶ月目 毎月かかる携帯代、携帯の大切さ

家族への連絡、地図、迷った時…

海外生活において、特にはじめての場合、最も困るのは「どうすればいいかわからない」状態に陥ることです。特にオーストラリアは広大な土地を持つ国家です。例えば駅やバス停からホームステイ先に戻れなくなった…、英語がわからないから道を聞けない…、マップがない…、そんな状況になった時どうしようもなくなくってしまうことがあります。
到着した当日に右も左も分からない状態でそんな風になったら怖いですよね、トラトラではお得なキャンペーンを定期的に行っています。日本からいらっしゃる際に不安にならないように携帯は早めに契約されることをおすすめします。

6ヶ月目 旅行っていくらかかるの?

航空費+旅費で計算しよう

各ツアー先にもよりますが、基本的には10万円はかかりません。オーストラリアドルのレートにもよりますがウルルも約8万円程度で訪れることができます。その他の旅行先もツアーをつけても非常にリーズナブルな値段で訪れることができます。航空費は往復かかってしまうため、片道分の交通費を減らしたい方は日本への帰国前に寄り道という形でご旅行に行かれる方も結構いらっしゃいます。
その期間が長い場合、「ラウンド」と言われる形でワーホリの最後の月に各地を見て回るという選択もあります。諸経費を抑えながらオーストラリア各地を見て回れます!
「ラウンド」について詳しくは下記12ヶ月目をご覧くださいませ。

7ヶ月目 オーストラリアの平均レート

大体80円前後(2019年4月現在)

過去には大きなレート変動がありましたが、こちらに関しましては現在ここ5年間に関してましては比較的レートが安定しており80円前後を推移しています。
また両替の際は、レートが安定しているトラトラの両替もございます。
オーストラリアへ旅行やワーホリの際はぜひともご利用くださいね!

8ヶ月目 日本へ荷物を送りたい…かかるお金は?

半年を過ぎ少しずつ荷物が増えてくる…

オーストラリアから荷物を送る場合、大量の荷物になる場合が多いと思います。帰国前になると、お土産を入れる場所や送るもので悩む荷物…大量の荷物を送る場合は専用の宅配パックがお得。専用パックは約1万6千円の送料がかかります。お帰りの飛行機に積み込める荷物には制限があります、せっかくオーストラリアで手に入れたもの持って帰りたい・・・けどという方は飛行機の受託手荷物とのバランスを考えてお荷物を送られるかどうかお考えくださいませ。

9ヶ月目 オーストラリアで怪我をしてしまった!

実は大切。入ってて良かった保険。

風邪、虫垂炎、急性胃腸炎、捻挫、切り傷、怪我、突き指、肌荒れ、虫刺され…
ワーホリ生活では色々な病気があってどんな危険があるかわからない・・・北半球と南半球では菌の種類も違い季節の変わり目にオーストラリアに来られた方は比較的風邪を引いてる方も多いです。使い慣れた薬があるわけでもなく、到着したばかりでどうして良いかわからない!そういった状況でも保険に入っていればすぐに病院に行けるので大丈夫。
保険の種類によっては盗難保証などもついており、いざというときに安心。海外の中では比較的犯罪の少ないオーストラリアですが、病気や盗難はいつ怒るかわからない物、加入しておくといざというとき安心ですね。
例えばですが、事故で意識を失って手術、という流れでご家族に多額の請求が行く場合もあります。ご家族のためにも日本で保険に加入するか現地にて保険を加入するかしましょう。無保険の方も数多くいらっしゃいますが、様々なことを考えると加入されることをおすすめします。

現地保険に関しては、日本で加入される物と比べてリーズナブルなものが多いです。
※代わりに、盗難保険などはついていません。ほしい保障内容と予算に合わせて加入される保険を決めましょう

詳しくはこちらの記事をご覧くださいませ

10ヶ月目 オーストラリアに友達が遊びに来る!

友達と一緒に行くのにおすすめの場所は?

オーストラリアには各地におすすめの場所がたくさんあります!
自然ときれいな海に触れてシュノーケリングがしたい、世界遺産が見たい、シドニーの近郊でワインや景色を楽しむなど、日本ではあまり味わえない体験ができます!ケアンズ、パース、メルボルン、ブリスベン、ダーウィン、アドレード・・・各地見れるものが全然違います!
旅行でお悩みでしたら一度トラトラまでご相談にきてくださいね、お客様にあったプランや場所を紹介します。その際はできるだけご希望ややってみたいことを考えておいていただくとお客様の満足いくようなプランをご紹介できると思います!

11ヶ月目 そろそろ考えるワーホリの終わり・・・

オーストラリアに残る?それとも日本での就職を考える?

皆様この時期になると悩まれる、ワーホリが終わった後に「日本で就職を探す」「オーストラリアに残る」どちらかを迷うじきになります。そんなときにもぜひトラトラへご来店ください。まずは、「帰国者セミナー」。日本への帰国時の就職を応援している協賛の企業様が、セミナーを行っています。英語を活かした就職を考えている方はぜひともご参加くださいませ。
また、オーストラリアに残る選択をお考えの方は、一度トラトラの学校セクションにご相談に来てください。学生ビザのご延長の相談に乗ります。オーストラリアでやりたいことがまだある、もう少しいることで見えるものがある、英語をもう少し上達させてから帰りたい・・・少しでも長く滞在することで叶えられそうなことがあるのであれば、学生ビザにて滞在を延長するというのもひとつの手です。その際はぜひトラトラにご相談下さい。

12ヶ月目 帰国前にもう一度旅行に、1ヶ月旅をするなら予算は?

オーストラリアの北、ケアンズからシドニーもしくはメルボルンあたりまでの距離は日本の縦の長さくらいあるのはご存知でしたか?

オーストラリアでよくあるケアンズからシドニーまでのラウンド、シドニーからパース・ウルルを巡りケアンズを通りブリスベンを回る一周のラウンドなど皆様様々なルートによって最終月に様々なところに旅をされます。
平均予算は東海岸ラウンドで約17万〜20万円程度。1ヶ月旅をしてこの金額で回ることができます、カーシェアリングや安宿、キャンプ・・・色々なことを組み合わせることでもう少し安く抑えることもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ワーホリの一年のイメージがつきましたでしょうか。学校、仕事、旅行、海外生活に必要なもの・・・
最初はドキドキな不安とワクワクな気持ちが両方あると思います。
準備には少し時間がかかりますが、ワーキングホリデーは想像以上に難しいことではありません。1年間のことを想像しながらいらっしゃっていただけると我々も嬉しい限りです。

なにか困ったことがありましたらトラトラに相談いただけますと幸いです。

開く 閉じる