【旅行】エアーズロック・ウルルはこのまま登れなくなる?

ガッデム特派員

ururu
4ヶ月閉鎖していた登頂ルートは2016年3月に再開しました。登頂ルートが再開しても、ウルルツアー当日に登れないことも多いです。

登頂ルート4ヶ月ぶりにオープン

エアーズロックに登れない理由を集めました。詳しくは、こちらのブログ記事を御覧ください。

4ヶ月ぶりにエアーズロック登頂再開 2016年3月1日更新

ブログを見る

トラトラインターンのSarahです♪

「地球のへそ」として有名なウルル(エアーズロック)は、オーストラリアに訪れたからには絶対に行きたい場所ですよね?
シドニーから飛行機で約3時間30分。陸路を使って約10日かけて行くバスツアーもありますよ。

エアーズロック登頂ルート閉鎖中

エアーズ閉鎖

昨年の10月27日からエアーズロック登頂ルートの鎖の一部損失により閉鎖が続いるウルル(エアーズロック)は2016年1月4日現在も封鎖中です。

といってもこれは、エアーズロック登頂ができないだけで、エアーズロック周辺を歩いたり、エアーズロックに描かれているアボリジニアアートを見学したり、サンライズツアー、サンセットツアーは通常通り催行中です。

エアーズロック登山道が再開されるかについて国立公園当局より新たな情報はありません。

もしかしたらこのままエアーズロック登頂が禁止になる?とのうわさもありますが、修復にはまだまだ時間がかかりそうです。

写真はエアーズロック登頂ができたときに撮影されたものです。

エアーズロック登頂ルートの最初に鎖はありませんが、途中から急斜面になり、鎖をつかまないと登れなくなります。

登らなくても行く意味は十分ある!!

登山ルート封鎖中のため、エアーズロック旅行を断念される方が少なくありません。
エアーズロックに登ることは、とても貴重な経験ではありますが、ただ一つ言えることは、エアーズロックは登らなくても十分魅力的だということ。
エアーズロックは1年のうち300日は登頂が禁止されているといわれています。雨がふったり、暑すぎたり、風が強かったり、アボリジニの祝日だったりすると登頂は禁止されます。

登れないから行くのをやめるのはとても残念だとおもいますよ!

art

登頂できない場合、またはしない場合ウルルの麓めぐりツアーに参加します。ウルルを一周とまでは行きませんが、1/4位をガイドと一緒にゆっくり歩いて回ります。途中アボリジニアートを観察することができます。数万年前に描かれたとされるアボリジニアートは見るだけで神妙な気持ちになります。

料金的に言えば、ウルルツアーが含まれないウルルツアーは英語でも行くことが可能です。英語ツアーの方がツアー料金が安くなります。例えば、こちらの英語ツアーをご紹介します。風の谷とウルルのセットツアーですが、登頂ツアーが含まれないので、そのかわりふもとめぐりツアーが含まれます。

ウルル登頂ツアー

ウルルの登頂ツアーでオススメは、こちらの日本語ツアーです。風の谷散策ツアー、ウルルサンセットツアーに合わせてウルルの登頂ツアーが含まれます。

【1泊2日】家族と行く!エアーズロック登頂&風の谷散策 安心日本語ツアー

大人 384~/人

エアーズロックプラン

英語ツアーでは基本登頂ツアーは含まれないと考えたほうがいいでしょう。例えば、ウルルの英語キャンプツアーでは、キャンプのガイドからウルルはアボリジニにとって神聖な場所なので登頂はできるだけ控えるように注意があります。

毎週金曜日はローカルの仕事&ファームジョブを紹介セミナー開催!

開く 閉じる