【新機種レビュー】Huawei Y6 Eliteを使ってみました!

Izumeeyu

1

こんにちは!トラトラインターンのIzumeeyuです♪
本日はトラトラ携帯新機種、Huawei Y6 Eliteのトラトラスタッフによるレビューをお届けします~!

デザイン

白を基調とし、背面にチェック調のカバーデザインがあしらわれている女性らしいスリムなデザインです。


Huawei Y6 Eliteデザイン
2

iPhone 6sとの比較

iPhone 6Sと比べて、機体サイズは5mm程、画面サイズは8mm程度大きめ。
≪ワンハンドレイアウト≫機能により、大画面でも片手での簡単操作が可能。


正面から比較
4



側面で比較(左がHuawei Y6 Elite)
3

Huawei Y5とここが違う!

注目のスマートアシスト

Huawei Y6 Eliteには、ショートカット機能が山盛り。
アンドロイド携帯のネックである「iPhoneと比べると反応や起動が遅い」という問題を一掃解決します。
自由なカスタマイズで便利な「マイ・ベスト携帯」を持ち歩こう!

Easy Key

機体左側のボタンで三段階(プッシュ/二度押し/長押し)のショートカット操作を設定することが可能。
懐中電灯やスクリーンショット、ウルトラスナップカメラやレコーダーなど防犯対策◎なものから、もちろんアプリの起動設定も。

モーションコントロール

急な着信が入った時などに携帯を伏せてミュートオン、ロック画面に「M」と指でなぞるとメッセージアプリが起動するなどのショートカット。

ナビゲーションバー

ホームボタンのデザインを変更することが可能。”アプリ一覧”と”戻る”キーの位置を変えたり、通知パネルを加えるなどの新デザイン搭載。

ワンハンドUI

ワンハンドレイアウトをオンにすることにより、画面が二回り程度小さく表示され、片手での操作を簡単に行うことが出来ます。
縮小表示後の画面はiPhone SEよりやや小さい程度。
Huawei Y6 Eliteは文字の表示が大きめにできているため、縮小表示後の画面でも問題なく操作が可能。

その他

フローティングボタン(iPhoneのAssistive Touch(画面のホームボタン)と類似しているが、ホームボタンを必要に応じて出し入れできる設定が可能)/タッチ無効モード(ポケットの中などの操作アクシデントを防ぎます)

自撮り派必見!“ビューティーフォト”

外付/内向きカメラの両方にビューティーフォト機能搭載。ビューティーレベルでぼかし具合を調整しながら撮影が可能な上、更に小顔レンズも搭載する最強自撮りアイテム。
画像が保管される「ギャラリー」から、各種フィルターや細かい明るさ設定や、キズ/美白処理などもできる優れもの。インスタグラム顔負けの編集機能を備えたスマートフォン。
5

Huawei Y6 Eliteのカメラ機能

カメラを使用した印象としてはやや青みが強い傾向にあります。
ただ、画像編集でフィルターや色味が調整/編集できるので、あまり問題にはならないという印象です。

セルフィーをよく撮る方には、ビューティーフォト機能はうれしいですね♪
以上、Huawei Y6 Eliteのレビューをお届けしました!

開く 閉じる