【SIMロック解除】本当に解除できていますか?SIMロック解除の確認方法も解説

学生インターン

こんにちは!最近「SIMロックの解除手続きをしたのに、SIMロックが解除されていませんでした(泣)どうしたらいいですか?」というお問い合わせをいただきます。携帯会社で手続きを済ましたはずなのに・・・

ちょっとまってください!SIMロック解除はそれで終わりではありません!!

スマホ本体にも「SIMロック解除」の操作が必要です。これをしていないと他社のSIMカードは使えません。そこで今回はiPhoneユーザーに向けの本体のSIMロック解除方法をお伝えします。

またSIMロックの解除手続きは、各スマホごとにしなければなりません。もし2台スマホを使っている方や、新しくスマホを購入した場合は、同じ作業をもう一度おこなってくださいね。

他社のSIMカードをお持ちの場合と、iTunesを使ってのSIMロック解除方法の2つのパターンを解説しますね。

SIMロック解除とは

SIMロック解除とは、スマートフォン(iPhoneやAndroid)などの端末で、特定の携帯電話会社のSIMカードしか利用できない「SIMロック」という制御を解除することです。SIMカードの詳細はこちらの記事をチェックしてくださいね

SIMロック解除携帯会社側ですること

注意点

  1. 携帯会社の解約前にSIMロック解除すること
  2. SIMロック解除の手続きは本体側でも行うことを忘れない
  3. 店頭での手続きは料金が発生する
  4. 携帯会社で購入した場合一定の期間が過ぎていないとSIMロックは解除できない

解約前にSIMロックの解除をおこなってください。解約後にSIMロック解除の手続きをするとなると、解除が難しくなります。またSIMロック解除と携帯会社の解約は、まったくの別物です。SIMロックを解除してもデータが消えたり、キャリアの解約にはなりませんので、オーストラリアへの渡航が決まったら、早めに解除をすることをおすすめします。

キャリア側での手続きが終えても、本体側でのSIMロック解除の手続きが必要です。このあと本体側で行う手続きも紹介しますので、参考にしてくださいね。

また店頭での解除手続きは料金が発生します。キャリアごとに料金は異なりますので、以下の記事を参考にしてくださいね。

携帯会社の店頭で購入した本体は、一定の期間を過ぎないとSIMロックの解除ができません。なので今購入してから、何日が経過しているのか確認をしてくださいね。

SIMック解除本体側ですること

注意点

  1. キャリア側でSIMロック解除後に本体の解除手続きをすること
  2. 他社のSIMを持っているのであれば、差し込み→初期設定を行う
  3. 他社のSIMカードを持っていない場合、iTunesにつないで設定を行う

携帯会社でのSIMロック解除手続きが終えたら、本体のSIMロック解除をしましょう。これはスマホ本体に【SIMロックを解除してね】と伝えるための操作です。
よくある間違えが、キャリアでの手続きを終えたらSIMロックが解除されていると思ってしまうことです。スマホ本体のSIMロック解除手続きをすることをお忘れなく!!

もしあなたが他社のSIMカードを持っていたならば、SIMカードを差し込むだけで設定ができます。SIMカードを持っていない場合はiTunesに接続してSIMロック解除の設定をします。

本体のSIMロック解除の前に、Apple IDパスワードを把握しておきましょう。この2つがないと本体のSIMロックの解除ができません。

他社のSIMカードを持っている場合のiPhoneのSIMロック解除方法

手順

  1. 本体にSIMカードを差し込み起動する
  2. 表示に従って進み、アクティベーションロックの解除をする
  3. ホーム画面が表示されたら解除完了
  4. Apple IDのサインインを忘れずにすること

必ずWi-Fi環境があるところで行ってください。まずは本体にSIMカードを差し込み、iPhoneを起動させます。起動すると【アクティベーションが必要です】と出てきます。

表示に従って進んでいきましょう。パスコードを入力して

アクティベーションロックを解除します。

iPhoneのホーム画面が表示されたらSIMロック解除完了です!!
またアクティベートが完了したら、Apple IDのサインインが必要です。忘れずにおこなってくださいね。

iTunesを使ってSIMロックを解除する方法!

手順

  1. iCloudまたはiTunesでiPhoneのバックアップをとる
  2. iPhoneをUSBケーブルでパソコンと繋ぐ
  3. iTunesを起動させる
  4.  iPhoneを初期化する。[設定] > [一般] > [リセット] > [すべてのコンテンツと設定を消去]
  5. iPhoneが再起動するあたりで【正常に完了しました。iPhoneのロックが解除されました。】と表示される。
  6. iCloudバックアップまたはiTunesバックアップからiPhoneを復元する。

1の操作は、キャリアでのSIMロック解除手続きをしたらすぐにしておきましょう。これを忘れてしまうと、データが消えてしまいうので注意してください。

USBケーブルでパソコンとiPhoneをつないだら、iTunesを起動させます。その後iPhoneをiTunesに繋いだまま、[設定] > [一般] > [リセット] > [すべてのコンテンツと設定を消去]をします。これでiPhoneの初期化が完了しました。

iPhoneの初期化が終わると再起動されます。iTunesにiPhoneのロックが解除されました】と表示されたら、SIMロックの解除は完了です。

SIMロックの解除が完了したら、データのバックアップをiPhoneへ復元させます。これで作業は完了です。

SIMロックが解除できているか確認する方法

iPhoneの場合

他キャリアのSIMを持っていれば、それを差し込んで再起動をして使えれば、SIMフリーになっています。

他社のSIMカードを持っていない場合は、【iTunesを使ってのSIMロックを解除する方法】で確認します。パソコンの画面上に【正常に完了しました。iPhoneのロックが解除されました。】と出ていない場合は解除されていません。または他社のSIMカードを使っての確認方法では、以下のような画面が表示されます。

このような表示になっていた場合は、まだ解除ができていません。一度携帯会社に連絡をして、SIMロックの解除手続きがされているか確認をしてくださいね。

Androidの場合

Androidの場合は、携帯端末の設定から確認ができます。スマホの機種により異なりますが通常は、
設定>端末情報>SIMカードの状態でステータスが【許可】になっていればSIMロック解除されている状態です。

もし【許可】となっていなかったら、SIMロックの状態を押すと下の方に【更新】と書かれているボタンがあります。そこを更新すると、他社のSIMが使用できるようになります。

最後に重要なことがSIMカードを更新するさいに、Wi-Fiが必要です。Wi-Fiがつながっているか、確認してから更新をしてくださいね。

SIMロック】という項目が表示されている機種もあるので、そこから確認してみてくださいね。

それでもSIMロックが解除されていない場合は、携帯会社に一度連絡をして、SIMロック解除の手続きができているか確認してくださいね。

まとめ

今回は他社のSIMカードを使っての解除方法と、iTunesを使ってのSIMロック解除方法の2種類お伝えしました。どちらも手順を踏めば確実に解除ができます。わからない場合は、携帯会社にお問い合わせしてみてくださいね。

またトラトラでは、オーストラリアで使えるSIMカードを販売しています。とってもお得ですので、携帯代をできるだけ安く抑えたいあなたや、これからオーストラリアの携帯電話を使いたいと思っていたあなたは、一度携帯セクションへご相談くださいね。

開く 閉じる