タスマニア島の定番観光地をご紹介!ここを攻めれば間違いない!

ガッデム特派員

エアーズロックやグレートバリア・リーフに比べるとマイナーなイメージのタスマニアですが、北海道や屋久島に例える方も多いように大自然と歴史的に古い町並みが魅力です。大きさ的には、北海道より小さく九州より大きい島です。田舎が好きという方には是非おすすめしたい旅行先です。

今女性を中心に人気が高まっているタスマニアを一気にご紹介します!

タスマニアの人気観光場所と日帰りツアーの表です。

ベイズオブファイヤーは1泊2日のツアーです。その他は、日本語、英語のツアーが選べます。キキのパン屋さんは英語ツアーだとスルーして行かないことがあるので、日本語ツアーをおすすめします。

タスマニアの気温と旅行シーズン

ホバートの最高気温と最低気温
temp

タスマニアのベストシーズンは、12月〜2月だといわれています。タスマニアが一番暖かい時期です。この時期を狙って旅行者があつまります。12月〜2月は現地ツアーもほぼ毎日催行されるようになります。一番あたたかい時期といっても、風は強く、体感温度は比較的寒いです。特に夜は冷え込みますので、タスマニアを旅行するときは暖かい服装を準備してください。クレイドルマウンテンは年中寒いことで有名ですので、暖かい服装と歩きやすい靴でツアーに参加してください。

ホバートの雨量

ホバートと東京の雨量を比較

タスマニアで一番大きな街ホバート(青色)の雨量を調べてみるとビックリ!あまり雨が降らない。。。東京(オレンジ色)の雨量と比べてみると一目瞭然ですね。東京の雨量がほとんど100MLを超えているのに比べて、ホバートは50MLを超える月がほとんどありません。前回ホバートへ旅行で行ったときには雨が振っていたので、てっきり「ホバートは雨が多い街なんだな〜」と思っていましたが。。。調べてみるとオーストラリアでは2番目に雨が降らない街なんだそうです。この雨量からみても、旅行には12月−2月がベストですね。一番雨が降らない+気温が高いということで、旅行を楽しむにはこの既設が一番オススメです。

クレイドルマウンテンは毎日雨。。。

これはホバートの街の雨量を表示しています。山間部のクレイドルマウンテン(世界遺産)は、ほぼ毎日雨だと言われていますので、雨具、防寒具を必ず持参して下さいね。

キキのパン屋さん

Ross Village Bakery
rossbakery

タスマニアといえばまずキキのパン屋さん♫タスマニアの中心にROSS(ロス)という街があります。かまどに火を入れて丁寧にパンを手作りしているROSS BAKERY (ロスベーカリー)というパン屋さんがあります。これがキキのパン屋さんという噂のお店です。

キキのパン屋さまで行くには、3つの方法があります。

  • ローカルバスで行く
  • ツアーで行く
  • レンタカーで行く

タスマニアに電車はありません。ベストな方法はレンタカーですが、運転できない方はバスかツアーで行くしかないです。ツアーで行く場合、パン屋さんが目的ではなくROSSの街でトイレ休憩をするので、その時に「パン屋さんを見学することができますよ〜」くらいの感じです。ローカルバスで行く場合、ROSSの街で約3時間くらい滞在することができます。小さな街なので30分もあれば十分です。できればローカルバスで行くのは避けたいですね。

タスマニアのローカルバスはレッドライン(Redline)という会社があります。 オンラインで時間を確認したり、予約も可能です。

タスマニアではバスの満席はほとんどないので予約はいらないと思います。。。

Loading...

キキのパン屋さんの楽しみ方
もちろんおパンを食べて楽しむ!です。色々な種類のパンがありますので、是非かってたべてみてください。また、B&Bにもなっていて1泊することも可能です。周辺はなにもないので街なので、1泊してもすることない。。。ですがレンタカーなどでタスマニアを旅行している方にはいいかもしれませんね。

世界遺産クレイドルマウンテン

ツアーでは頂上まで登ります
cradlemt

キキのパン屋さんに興味がない方は、まず世界遺産から攻めましょう。タスマニアには2つ世界遺産があります。クレイドルマウンテンとポートアーサーです。クレイドルマウンテンは周辺の国立公園がすべて世界遺産に登録されています。年中気温が低いので暖かい服装でツアーに参加してください。ツアーに参加する場合、ローンセストンの街から日帰りツアーに参加できます。時間がない方にはオススメです。

トラトラのオススメは、2泊3日間でタスマニアの原生林とクレイドルマウンテンの両方を味わう英語ツアーです。こちらはホバートから出発になります。ホバートの街もみれて、世界遺産のクレイドルマウンテンも行ける最高の旅行プランです。

Loading...

世界遺産クレイドルマウンテンの楽しみ方
ツアーでいくと、頂上まで登りますのでトレッキング好きにはたまりません。ふもとから見上げる景色も素晴らしいですが、頂上からの景色は最強です。

ワイングラスベイ

ワイングラスベイ

山より海が好き!という方にはワイングラスベイをオススメします。ワイングラスベイはタスマニア島の東海岸沿いの「フレシネ国立公園」のなかにあります。その名のとおり、ワイングラスを思わせる美しい曲線が特徴です。真っ白い海岸と周辺の山々が壮大な自然風景を作り出しオーストラリアの人気ビーチランキングでも11位にランクインしてます。

Loading...

ワイングラスベイの楽しみ方
美しいワイングラスベイの景色は、国立公園内の展望台から見ることをおすすめします。軽いブッシュウォーキングで展望台まで移動し、ワイングラスベイの美しい景色をカメラに収めましょう。夏にはワイングラスベイのビーチまでいって、海で泳いだり真っ白いビーチを散歩して楽しむことができます。

世界遺産ポートアーサー

ポートアーサー
ポートアーサーはオーストラリア国内最大の流刑植民地があった場所で、2010年に世界遺産に登録されました。歴史的価値があるということで世界遺産に登録されたので、世界遺産のクレイドルマウンテンと違って、大自然がすごいというわけではありません。海外からの旅行者というよりオーストラリア人に人気な観光地です。オーストラリアの歴史が発祥した場所として価値が高いところです。

Loading...

ポートアーサーの楽しみ方
ルパン三世でお馴染みの「カリオストロの城」の舞台になったんじゃないか?ということでアニメファンに人気です。タスマニア2泊3日東海岸ツアーに参加すると、ポートアーサーでゴーストツアーに参加することも可能です。(日帰りツアーではゴーストツアーに参加できません)

ベイオブファイヤー

ベイオブファイヤー
タスマニアの東海岸を旅行するなら、ワイングラスベイとベイオブファイヤーです!ベイオブファイヤーはローンセストンから約3時間車で東へ移動した場所にあります。真っ白い砂浜にオレンジ色にそまった巨大なまるい岩がゴロゴロ転がっています。その名のとおり、まるで炎が燃えているようにみえます。実際は苔なのですが、珍しくオレンジ色に染まっています。

Loading...

ベイオブファイヤーの楽しみ方
残念ながらベイオブファイヤーは日帰りツアーがないのでローンセストンの街からレンタカーで見に行くか、1泊2日東海岸英語ツアーに参加してベイオブファイヤーとワイングラスベイの両方を旅行するかのどちらかになります。ベイオブファイヤーは、ビーチをたのしんだり不思議なオレンジ色の岩を写真とったり、夏には海で泳いだりして楽しむことができます。アクセスの悪い場所なので、ひっそりとしていて、静かに海を楽しむことができます。

ラッセル滝 Russell Falls

ラッセル滝
タスマニアのクレイドルマウンテンやワイングラスベイに比べるとマイナーですが、タスマニアといえば大自然ですよね。緑の深い自然の中に美しい滝が流れていて、ローカルに人気な観光スポットになっています。ラッセル滝はマウントフィールド国立公園内にあります。

Loading...

ラッセル滝の楽しみ方
ホバートから西に70キロ、車で約1時間かかりますので、レンタカーかツアーで行くのがベストです。ツアーの場合、ラッセル滝と周辺の原生林をブッシュウォーキングして、そのままクレイドルマウンテンまで観光する2泊3日のツアーが人気です。2泊3日でタスマニアの自然を満喫できる内容のツアーです。

サラマンカマーケット

サラマンカマーケット
サラマンカマーケットはホバートの港で毎週土曜日に開催されます。 「8.30 am 〜3.00 pm」 タスマニアのローカルフードや雑貨、手芸品などがいっきに集まります。タスマニアをじっくり味わいたい方には欠かせないマーケットです。

サラマンカマーケットの楽しみ方
タスマニア産のビールやシーフードを味わったり、おみやげをかったりできます。音楽や旅行者でワイワイたのしい雰囲気のマーケットです。ホバートの街は特に観光するとことがないので、サラマンカマーケットへ行くことができればタスマニア旅行が一層楽しめます!

日本語ツアー

実はタスマニアにも日本語ツアーがあります。ベテランエコガイドによる楽しい日本語ツアーをトラトラでも申し込みが可能です。日本語の日帰りツアーは英語に比べて料金的にあがりますが、こころのこもったケアと楽しい日本語ガイドでタスマニアを旅行できるので「お父さんやお母さんとタスマニアへ旅行」する方には絶対オススメです。

ワイングラスベイと魔女の宅急便

タスマニアの定番ツアーとして人気が高い、ワイングラスベイとキキのパン屋さんでおなじみのROSSの街を見学するツアーです。

Loading...

英語のツアーでは、ROSSの街はトイレ休憩程度にしか止まりません。ROSSの街に止まらずにスルーされることもあります。でも日本語のツアーは安心です。パン屋さんにも案内してくれますので、ゆっくりROSSの街を見学できます。(パン屋さんが開店しているか、閉店しているかは当日にならないとわかりません。)

世界遺産クレイドルマウンテン

タスマニアの世界遺産として超人気がある「クレイドルマウンテン」。日本語ツアーの場合、セットで土ボタルの見学も可能です。

Loading...

土ボタルは南半球の洞窟内に生息するので、オーストラリアやニュージーランドで見学することができます。ラピュタの「飛行石」みたいな光を放つので、ちょっとしたジブリファンの聖地になってます。

世界遺産マウントフィールドとタスマニアデビル

世界遺産マウントフィールドは原生林と大自然を体験することができる国立公園です。日本語ツアーではタスマニアデビル保護動物園に立ち寄ります。

Loading...

もちろんラッセル滝(タスマニアで一番美しい滝として人気)へも行きます。スマニアの自然と、タスマニアにしか生息しないタスマニアデビルを1日で効率よく旅行することができるツアーです。

ポートアーサーとリッチモンド

オーストラリアの歴史を語る上で必ず出てくるのが、ポートアーサーです。タスマニアを代表する歴史的な建物と、オーストラリアで一番古い街「リッチモンド」を見学します。

Loading...

ルパンの「カリオストロの城」の舞台になったのではないか?と噂されているポートアーサー刑務所跡を見学します。日本語ガイドが、たのしく、詳しく歴史を説明してくれるので楽しさ2倍です。

タスマニア旅行の注意点 その1

出発する街 日帰りツアー名
ホバート発
ツアーの一覧へ
ポートアーサー
ワイングラスベイ
ブルーニー島
ローンセストン発
ツアーの一覧へ
クレイドルマウンテン
ワイングラスベイ

タスマニア旅行で一番注意が必要なのは、現地ツアーが出発する街を確認しておくことです。タスマニアにはホバートとローンセストンの街があります。ホバートからしか出発しないツアーや、ローンセストンからしか出発しないツアーがあります。ローンセストンとホバートの街はバスで3時間くらい離れてますので、ツアー出発地とはちがう街に到着するとツアーに参加できません。

タスマニア旅行の注意点 その2

タスマニアで現地ツアーに参加して、ワイングラスベイやクレイドルマウンテンへ行く場合ツアーのスタート時間が早朝になります。通常朝7時に宿泊先へツアー会社が迎えにきます。しかし朝7時前にタスマニアへ到着する飛行機はありません。ということは、前日にはタスマニアへ到着している必要があります。

だたし。。。
日本語ツアーの場合ツアーの集合時間は朝9時です。朝便でタスマニアに到着してそのままツアーに参加することが可能です!時間がない方には日本語ツアーをおすすめします。

ホバートの街

港にはアート作品がズラリ
hobart

ホバートは古い町並みと美しい港が人気で、毎週土曜日にはサラマンカマーケットが開催されます。ホバートからは、絶景ワイングラスベイへの日帰りツアーや世界遺産ポートアーサーへの日帰りツアーに参加できます。タスマニアの大自然と古い町並みを満喫することができます。はじめてタスマニアへ旅行するならオススメの街です。

ローンセストンの街

ローンセストンのバックパッカー
launcestonBP

ローンセストンの街へ到着する旅行者は、世界遺産クレイドルマウンテンへ行く目的の方々が多いです。クレイドルマウンテンへ行かないならホバートの街へ旅行するほうが人気です。世界遺産クレイドルマウンテンとワイングラスベイの両方を抑えたいならローンセストンです。

タスマニアの動画

タスマニア観光局が公開しているタスマニアの魅力を紹介する動画です。

タスマニアのツアーについて

タスマニアのツアーは、日帰りツアー から 7泊8日まで催行されています。留学生の場合どれだけ時間とお金に余裕があるかで、ツアーの長さを決めています。もちろん、ツアーによって行き先も変わります。

日帰りツアーについて

タスマニアの日帰りツアーとは、現地タスマニアから催行している日帰りツアーです。ツアーの集合時間は朝7時AMになることが多いので、通常ツアー催行日の前日には、タスマニアに到着している必要がります。

例えば、シドニーからワイングラスベイとキキのパン屋さんへの日帰りツアーに参加する場合、以下のように1泊2日の旅行となります。

旅行日程 スケジュール 詳細
1日目 シドニー〜ホバートへ 飛行機で移動
2日目 ワイングラスベイのツアー ツアー参加:AM7〜PM18
3日目 ホバート〜シドニーへ 飛行機で移動

タスマニアの日帰りツアーはタスマニアからの日帰りツアーです。他都市から日帰りツアーに参加する場合は、前後に宿泊の日程が必要です。ツアーが終わって飛行機に乗ろうと計画する方も多いですが、ツアーでは数百キロの距離を走りますので、転校や途中のアクシデントなどを考慮すると飛行機はツアー終了後の翌日にしたほうがいいと思います。

1泊2日以上のグループツアー

日数 主要観光場所
1泊2日ツアー タスマニア東海岸
ベイズオブファイヤー&ワイングラスベイ
2泊3日ツアー タスマニア西側
世界遺産クレイドルマウンテン
4泊5日ツアー タスマニア1周
1泊2日+2泊3日
5泊6日ツアー タスマニア1周
+ポートアーサー刑務所跡地
7泊8日ツアー タスマニア1周
+ポートアーサー+ブルーニー島

グループツアーは英語ツアーしかありませんが、世界中から集まった旅行者とタスマニアを1周することができます。ツアーには宿泊も含まれますので、みんなで同じ場所に泊まって、ツアーを楽しむことができます。

(タスマニア日帰りツアーの場合、ツアー終了後は、ホバートやローンセストンの街に戻ってきますので、その夜はユースホステルやホテルなどへ宿泊します。日帰りツアー料金にホテル料金は含まれていませんので、別途宿泊を取得する必要があります。)

短期間で一気にタスマニアを旅行したい方や、タスマニアを1周した方にオススメするのが、宿泊がコミコミのグループツアーです。

タスマニアのグループツアーは日帰りツアーと同じで、前後の宿泊が必要です。例えば、4泊5日のタスマニア1周ツアーに参加する場合、シドニーからだと6泊7日の旅行日程となります。

Loading...

サンプルスケジュール

旅行日程 スケジュール 詳細
1日目 シドニー〜ホバートへ 飛行機で移動
2日目 4泊5日のツアー参加 ツアー1日目
3日目 4泊5日のツアー参加 ツアー2日目
4日目 4泊5日のツアー参加 ツアー3日目
5日目 4泊5日のツアー参加 ツアー4日目
6日目 4泊5日のツアー参加 ツアー5日目
7日目 ホバート〜シドニーへ 飛行機で移動

タスマニアのツアーでわからないことがあれば、お気軽にトラトラの旅行スタッフまでお問い合わせください。オーストラリア旅行の経験豊富なスタッフがわかりやすくご案内いたします。

タスマニアといえばこちらのツアーが人気です。

開く 閉じる