オーストラリアのホームステイ事情

ガッデム特派員ガッデム特派員

トラトラで登録しているホームステイファミリーの情報をもとに「オーストラリアのホームステイ事情」をご紹介します。オーストラリアのホームステイ事情を理解してたのしくて安全なホームステイを経験してください。

留学生を受け入れるホームステイの理由は様々

なぜホームステイの家庭は留学生の受け入れをするのでしょうか?単純に空いている部屋に留学生を住まわせて家賃を稼ぎたいからかもしれません。でもそれならシェアーメートを入れても同じですよね?わざわざ海外から来た英語がわからない留学生を滞在させる理由とは?
トラトラで登録しているホームステイの方になぜホームステイに興味があるか聞いてみました。

ホームステイファミリーA夫婦

ホームステイファミリーのママは高校生の時に交換留学で日本でホームステイしたことがあります。最近夫婦で家を借りて、一部屋空室ができるので、日本の留学生にホームステイをして部屋を提供することに決めました。実は、実家でもホームステイの受け入れをしていたので受け入れにはすこし慣れています。

ホームステイファミリーB家族

今回トラトラで10年ぶりにホームステイの再登録をしました。子供たちが家を出て空室があるので、留学生の受け入れを再登録したい。ファミリーのママはロンドンに留学していたこともあり、留学生の気持ちがわかる優しい方です。

ホームステイファミリーC婦人

ホームステイファミリーのママは定年したおばちゃんで一人暮らし。家には空いているお部屋が一つあり、そこを留学生の部屋としてホームステイを登録しています。子供たちがいる家は、ママが忙しくてお話しする時間も少ないですが、おばあちゃんとの生活は、たくさん英会話ができます。

共通している点として、

  • 部屋が余っている
  • 家族の誰かが留学経験がある
  • もちろん家賃収入としても魅力的

自分の留学経験を活用して、シェアーメイトではなくオーストラリアに到着する留学生を案内したりすることへ興味がある家庭が多いです。

入居日と退去日の確認方法

ホームステイに入る前に、ホームステイに入居する日と出る日(退去日)を確認しておきましょう。例えば:

Homestay In(入居日) 16/09/2017
Homestay Out(退去日) 14/10/2017

上記の場合、2017年9月16日土曜日に入居します。と記載されています。そして家を出る日は2017年10月14日の土曜日です。つまりシェアーハウスを探す場合、10月14日からステイできるシェアーハウスを探す必要があります。

チェックアウトの時間

10月14日の土曜日はホームステイをでてシェアーハウスに移動して下さい。10月14日の何時までにホームステイを出る必要があるかは特に記載されていません。通常AM10時位にホームステイを出ればOKだと思います。次の学生がすぐに入居することも考えらえます。

ホームステイには2,3名の留学生が滞在することもアリ

オーストラリアの家はデカイです。5つベッドルームがある家も多いです。従って、3つ部屋が空いている家などは3名の留学生が滞在している場合もあります。

法律的には何人までOK?

法律的には、ホームステイとして一つの家に滞在できる留学生の数は3名までがマックスです。同じ学校の場合もあれば、別々の学校の場合もあります。他に留学生が滞在している場合、朝一緒に市内まで連れて行ってくれるので安心ですよ♪

日本人留学生がいることも

もちろん、同じホームステイ先に日本人の留学生がいることもあります。日本人の留学生はホームステイファミリーから気に入られていることが多く、日本人しか受け入れないというファミリーもあります。

家での会話は英語

オーストラリアはアメリカやカナダと同じく、マルチカルチャーです。海外からたくさんの方がオーストラリアに移住していることになります。従って、ホームステイでオーストラリア人のお家にステイするからといって、オーストラリアで生まれた方でない場合が多いです。

家で英語を話す

ホームステイ条件として「家で英語を話す」という点があります。トラトラのホームステイでもママがマレーシア出身、パパがイギリス出身の家族がありますが、家では英語が共通語です。もし家でスペイン語など英語以外の言葉で会話しかしない。。。という場合には早めに相談しましょう。

通学時間は1時間前後

シドニーの場合、市内に住まいの家が少なく郊外から市内に通勤/通学する方が多いです。ホームステイの場合、通常郊外にお家があるので、30分前後の通学時間は普通です。

通学費用はいくらくらい?

シドニーの場合、電車かバスでの通学となり、通学費用は週3000円~5000円前後です。

到着直前にホームステイ先が変更する場合もしばしば

ホームステイ到着前にホームステイ先が変更することはよくあります。
「ホームステイ=家庭」ですので、ホテルと違いホームステイには家庭の事情があります。急に家族に不幸が起こったり、突然出張が入ったり、家族の事情でホームステイ先が変更することがよくあります。

お土産を持参

お土産を持参する場合、子供がいるから子供向けのお土産を用意しても突然ステイ先が変更することもあるので、ご注意ください。かと言って、おみやげはなくてもOKですので、それほど神経質にならなくても大丈夫ですよ。

アレルギーの申告

犬、猫のアレルギーや食べることができない食べ物アレルギーなどは、ホームステイの申込書でしっかり記入する必要があります。オーストラリアの家庭はペットがいることが多いので、なにも書いていないとワンちゃんがいるホームステイが手配されることになるかもしれません。

好き嫌いとアレルギーの違い

犬や猫アレルギーと「犬や猫が嫌い」というのは別です。アレルギーの場合、一緒に住んでいるとくしゃみが止まらなかったり、発作を起こしたりしするので、事前に伝える必要があります。ただ犬や猫が嫌いという方は、ホームステイ申込書に、アレルギーではないけどペットがいないほうがいいと記入してください。

食べ物アレルギー

食べるものに関するアレルギーは、自分でも管理する必要があります。食べれない物のアレルギーがある場合、各自ホームステイ先で確認して食べるようにしてください。また、万が一アレルゲンを食べてしまった時の対処法として、日本語の通じる医師の連絡先などを確認シておきましょう。

タバコ

オーストラリでは、室内で煙草を吸うことはできません。レストラン、カフェ、居酒屋、全て室内は禁煙です。ホームステイの家でも家の中で煙草を吸うことは禁止されています。
外の庭で煙草を吸ってもいいかは家によりけりです。
オーストラリア人は、タバコを吸う人がとても多いです。しかし、乾燥している気候からすぐに火事になってしますので、家の外で煙草をすることを禁止する家庭も多いです。

ホームステイの家族をなんと呼ぶ?

「ホームステイのママやパパをなんと呼べばいいでしょうか?」という質問をいただきました。オーストラリアでは、通常ファーストネームで読んでいます。例えば、ホームステイのママの名前がマーガレットさんなら、「マーガレット」と呼び捨てで呼びます。パパの名前が「パトリックさん」の場合、「パトリック」とそのまま呼びます。もちろん家庭それぞれで呼び方も違いますから、なんて呼べばいいですか?と聞いてみて下さい。

ペット

オーストラリアは日本と同じくらいペットが大好きです。ペットを希望していない場合でも、ペットがいるホームステイしか手配できない場合もあります。その場合、アレルギーをお持ちの方を優先的にペットがいないホームステイへと手配されます。ワンちゃん、猫ちゃんアレルギーのかたは到着前にお知らせください。

以前「ワンちゃんが好きなので、犬がいるホームステイを希望」という留学生がいました。その方にホームステイの感想を聞くと、大型犬なのに家の中で自由に放し飼いをしていてびっくりした!とおっしゃってました。ワンちゃんをかっている家は通常家の中で放し飼いです。

オーストラリアのお風呂事情

日本には「お風呂文化」があります。温泉を楽しんだり、お風呂でリラックスしたり。私たち日本人は基本的にお風呂が好きです!
でもオーストラリアには特にお風呂の文化がありません。シャワーは歯磨きと同じくらいに思われています。お風呂を楽しもうと思っていません!
なので、日本人が、何十分もかけてシャワーを浴びることに外人さんはビックリします。最近では、水不足は解消されましたが、シャワーは10分くらいがベストです。
シャワーとトイレが同じバスルーム内にある場合、10分以上シャワーを利用するのは非常識かもしれません。

洗濯は週に1回

オーストラリアでは洗濯が週に1回まとめて行う家庭が多いです。水道代を節約する、毎日バスタオルを洗わない、1日で洗濯を済ませたい、などいろいろ理由があります。洗濯しないと服がない場合など、おうちの方に洗濯機を利用していいか聞いてから使いましょう。

ディナーがいらないなら早めに連絡しよう

友達と夜食事をして帰る場合、早めにお家にメールして今夜は食事がいらないことを連絡してあげましょう。オーストラリアでは携帯番号同士で連絡するSMSメールが主流です。ホームステイへの連絡も、SMSがベストです。電話での英会話にはまが自信がなくても文章をメールで送ることは頑張ればできそうですよね。わからない時はトラトラスタッフに文章を確認して送ってくださいね。

オーストラリア携帯の準備はお済みですか?

トラトラではワーホリ向けの12ヶ月割引プランや格安スマホの販売、SIMカードの日本無料配送を行っております。日本人スタッフが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください。
プラン詳細を見る

スーパーでの買い物も週に1回

ホームステイの家族はスーパーでの買い物も週に1回まとめて行う家庭が多いです。だからといって、それに合わせる必要はありませんよ。通常冷蔵庫の「この段はつかっていいからね」と言ってくれる家庭が多いです。朝早起きして、サンドイッチをランチ用に作って持っていきたい方など、パン屋ハムを学校の近くのスーパーで買って冷蔵庫に入れておくと便利です。

インターネットは通常別料金

家でWiFiなどにつないでインターネトをする場合、通常週$10ドルくらいの料金が発生します。インターネットの料金はお家に直接はらってOKです。利用しない場合料金を払う必要はありません。4週間滞在する場合、計$40をホームステイのファミリーに直接お支払いください。

キーデポジットを支払うこともあります

キーデポジットとは、家のカギを借りるときに払う保証金のことです。通常$100(1万円)くらいです。キーデポジットはシェアーハウスでも支払いが必要な場合もあります。カギを紛失したときに、このキーデポジットを利用してカギを作り直します。カギを紛失しなかったら、ホームステイを出るときにキーデポジットは返金してくれます。オーストラリアでは家のカギを作るのがとても高額です。なので、キーデポジットを先にもらっておく家もあります。

食事は朝と夜がコミコミ

ホームステイの場合、朝食とディナーがコミコミです。朝はコーンフレークやパンをセルフサービスで食べて学校に行きます。夜は何時からディナーを食べるのかを聞いてみんなで食事するように心がけましょう。

ランチはどうする?

ホームステイではランチが含まれません。スーパーでパンやハムを買って、冷蔵庫に入れさせてもらって、朝ランチを作って持っていく学生が多いです。

ホームステイ中に仕事をしてもOK?

ホームステイ中に仕事をしてもOKです!でも、夜帰って寝るだけならホームステイをせずにシェアーハウスで節約する方がいいかもしれません。シェアーハウスの場合食事が含まれない分、家賃が安いので働く方にはシェアーハウスがオススメです。

併せて読みたい
トラトラで登録しているホームステイファミリーの情報をもとに「オーストラリアのホームステイ事情」をご紹介します。オーストラリアのホームステイ事情を理解してたのしくて安全なホームステイを経験してください。 目次1 留学生を受.....
このブログを読む

オーストラリアのローカルで働く方には、ローカルの仕事紹介エージェントをおすすめしています。ファームの仕事やローカルの仕事をワーキングホリデーの方を対象に紹介しています。

寒い時はまず家族に相談!

アジア人は基本的に寒がりで、ヨーロッパ人は基本的に暑がりということを聞いたことがあります。日本でスキー場に行くとオーストラリア人が雪の中を半そでで歩いていることがよくりますよね。
オーストラリアは昼と夜の温度差が5度~10度あります。夜になるととても寒いことがあります。だからといってホームステイの家族に相談せずに部屋のヒーターを利用しない事!ヒーターなどを利用すると電気代が急激に上がるので後で請求されることもあります。
まず家族に相談してください。毛布などで対応できないか提案してもらえると思います。

ホームステイ中も空き巣に要注意!

ホームステイだからといって安心して、スマホや財布をおきっぱなしにしないようにしましょう。学校へ行くときは、パソコンなど大事なものは、スーツケースに入れて鍵をかけておきましょう。万が一ホームステイのお家に空き巣が入っても大事なものはスーツペースに入れて鍵をかけておけば、おきっぱなしにしてあるより安心です。

週末は別行動?

トラトラで手配しているホームステイは基本的に18歳以上の留学生向けのホームステイです。ホームステイに滞在している間は語学学校に通学する生徒が多いです。未成年の留学生を受け入れているホームステイと違い自由に滞在できる家庭が多いです。週末もホストファミリーと一緒に旅行にいくことはないです。基本的に学校の友だちと過ごすことが多くなると思います。週末や祝日などホームステイ先のファミリーと一緒に過ごしてもOKですし、学校の仲間とビーチへ行ってもOKです。

食事のときなどに週末の予定を聞いてみるといいかもしれません。ホームスステイの後半はシェアーハウス探しで週末が忙しくなると思いますよ。

ホームステイを延長したい

ホームステイの延長は、部屋があいていれば可能です。トラトラの留学担当スタッフに相談してみてください。もしかしたら次に入居する学生がすでに決まっていることもあります。特に4月と9月は留学生が多い時期ですので、延長は難しいかもしれません。

ホームステイがあわない。。。

ホームスステイに入ったけど、なんだかうまくいかない。。。という方もいると思います。早めにトラトラのスタッフに相談してください。我慢してもストレスが溜まるだけで解決にはなりません。ちょっとしたことで解決する場合もあれば、解決できない場合もあります。大事なことは「早めに相談すること!」です。

ホームステイ中もセクハラに注意!

ママがいる時は問題ないのに、ママが仕事で遅くなっている時や、旅行にでかけた時にパパが部屋に勝手に入ってくる。
とか
ママがいない時にパパからのボディータッチが多い
とか
パパが夜景を見に連れて行ってあげると誘うので行ったらキスされた
とか
ホームステイだからといって安心しないで、家族はあなたを女性として見ていることを忘れずに!!
セクハラかどうか決めるのは、あなたです。早めに学校のスタッフやトラトラのスタッフに相談しましょう。
早期相談が早期解決になります。

ホームステイでは飲まない方がいい?

トラトラでは、ホームステイをする学生に家族とお酒を飲むことは控えるようにお願いしています。ホームパーティーなどで複数人と一緒に飲むのはOkとしても、パパと二人で飲んだり、ママと二人で飲んだりするとお酒のせいでトラブルになる可能性もあります。

ホームステイのかなには晩酌に誘ってくれるファミリーもいると思います。一緒に飲むのは各自自由です。飲んだ後トラブルにならないように注意が必要です。これまでトラトラで受けた相談では、ホームステイのパパに誘われて一緒に飲んだらその後ベットに誘われた。一緒に飲んでいたからはっきり断ることができなかった。お酒のせいで家族が乱暴になった。一緒に写真を取り出して、最後には服を脱ぐように言われた。などなど、お酒のトラブルが多いです。

毎日の生活ではとても優しい方でもお酒がはいると態度が変わることが多いです。お酒でトラブルにならないように、要注意が必要です。

開く 閉じる