シドニー滞在中は便利なOpal Cardを利用して、お得に移動しよう!

ガッデム特派員

トラトラのSarahです♪

シドニー 電車 オパールカード

シドニーの公共交通機関の種類が豊富です。電車、バス、ライトレール(トラム)、フェリーもよく利用されています。日本でも改札機にかざすだけでOKなICカードが全国的に広がっていると思うのですが、シドニーでも同じようにICカードが普及しています。しかもどの乗り物でも同じカードで乗車できるんです!これはとっても便利ですよね。シドニーのICカードの購入方法やお得情報をご紹介します!

Opal Cardってなに?

オパールカードはNSW州が運営している公共交通機関で利用できるプリペイド型のICカードです。利用可能エリアはシドニーの他、ブルー・マウンテンズ、ニュー・キャッスル、セントラル・コースト、ハンター、イラワラと大変広範囲です。
シドニーでの利用が多いかと思いますが、シドニーの三大公共交通機関は電車・バス・フェリーです。それとライトレール(路面電車)での利用が可能です。どの乗り物でも以下の同じ条件が適用されます。

「Opal Card が便利でお得な10の理由」

  • 1日の支払い上限があり、それ以降は無料になる(月―土:$15上限、日:$2.50)
  • 1週間で8回以上利用した場合はそれ以降の利用料金が無料になる
  • Offピークの時間以外はいつも30%Offの料金(平日7am-9am/4pm-6:30pm以外の時間帯)
  • 1時間以内であれば途中下車可能(割引料金で下車可能)
  • チケット購入のための時間が必要なくなる
  • 1つのカードですべての公共交通機関が使える
  • チャージした金額から清算されるので、事前の運賃をはっきりと調べておく必要がない
  • ウェブサイトに自分のオパールカードとしての登録をすると、盗難や紛失の際に残高が保証されたり、カードを停止することができ安心
  • サイトにログインすると利用履歴をチェックできるので交通費の精算に便利
  • 基本の料金設定がそもそもほかのチケットより安い

日曜日は1日で$2.50支払うだけでどこにでも行けるので、少し遠出をするなら日曜日がおすすめです!

実際にオパールカードを購入してみよう!

オパールカードの発行は無料
スーパーマーケット、コンビニなどで購入できます。店頭のレジで「Can I get a Opal Card?」と言ってみましょう。お店の人にいくら分チャージしたいか聞かれると思うので、チャージしたい金額を伝えましょう。$10からチャージが可能ですので、$10以上の金額を伝えてください。だいたいの方が$10、$20、$30、$40、$50の中から選んでチャージします。
ちなに発音は「オパールカード」ではなく、「オゥパルカード」らしいです。。。私はそれで通じましたが、何はともあれチャレンジしてみてください。

オパールカードを利用してみよう!

オパールカードを手に入れたら、あとは、日本でも普及しているICOCAやSuicaなどと同じように利用してもらえます。電車の場合、乗る駅の改札でカードをのICリーダーにタップします。降りたら、降りた駅のICリーダーに同じようにタップします。バスの場合も同じように乗り口(運転手さん側)でタップし、降りるときにタップするだけです。たまに、バスの場合キャッシュオンリーのバスもありますので注意してください。フェリーはそれぞれのワーフ(不当)にICリーダーが設置されていますので、乗る前と降りた後にタップしてください。基本は乗る前と降りる時にICリーダーにタップするだけです。とっても簡単ですね。

オパールカードの種類

Adult
一般の大人の方はこのオパールカードの利用ができます。
※学生をされている方も一般のカードしかご利用になれません。
opaladult

Child/Youth

opalchild

Senior/Pensioner
opalsenior
    
Concession

opalconcession

オパールカードを利用する際の注意事項

  • 各期間の乗り降りの際にICリーダーへのタップを忘れてしまうと最大の料金を支払う必要があります。無人の駅等は特に注意してください。
  • 2016年1月からオパールカードの導入が本格化しています。このシステムへ移行したばかりの為、このような多くのお得なサービスがありますが、NSW州からの利用システムの変更があるときなどは、駅などにお知らせが出るはずなので、お知らせを忘れずに確認してください。
  • J-SHINEコース無料説明会をトラトラで開催!

    開く 閉じる