ブリスベン日記19(庭の作物編)

bestworker

こんにちは!

ここのところ、やっと朝晩に心地よい風が吹くようになってきて、

若干過ごしやすくなってきたブリスベンのBESTWORKERです。

 

ところで、我が家の庭は、まるでジャングルのように生い茂っており、

グレープフルーツ、バナナ、パパイヤ、桃、オレンジ、レモン、パッションフルーツなど、

色々なものを育てています。

 

以前は、お隣さんが鶏を飼っていたので、

我が家のフルーツと産みたて卵を交換したりしていたのですが、

残念ながら、お隣さんが引っ越してしまったため、

今はもう産みたて卵が入手できなくなってしまいました。

 

物価の高いオーストラリアは、もちろん卵も高いので、

卵を買わなくて良いのは、かなり助かっていたのですが…。

 

いつか我が家も鶏を飼いたいなぁ(^ ^)

 

 

何を育てるかは、主人に任せっきりなのですが、

これまで果物以外にも色々なものを収穫してきました!

 

トマト

P1070970

トマトは不思議と豊作の年とそうでない時がはっきり分かれています。

 

チリ

DSC_0645

チリって、お店で大量に買うと余ってしまうので、

プランターであるとちょっと使えて便利です。

 

レタス

CIMG2404

我が家はサラダを毎日のように食べるので、

庭にあるとかなり助かります。

 

ネギはもちろん、お店で買うサニーレタスなども

余った根っこをもう一度植えれば、まだまだ生えてきます!

DSCF0048

 

さつまいも

DSCF0059

以前、買い過ぎて残ってしまったさつまいもを主人が埋めたところ

数ヶ月後、こんなに沢山のさつまいもが採れました!

ちなみにさつまいもの葉も食べられるんですよ〜

 

今年はローズマリーと

DSC_0657

 

バジルがどんどん増えてます。

DSC_0658

(後ろにあるのは小さなパパイヤです)

 

我が家では、食べ残した物や芝刈り後に出た芝などを

全てコンポスト(肥料)にしています。

 

日本では全く興味がなかった自給自足生活ですが、

オーストラリアなら少しずつチャレンジ出来そうかな?

と最近になって興味が出てきました。

 

あっ、偉そうに色々言ってますが、

ガーデニングは主人が全てやってくれているので、

私はもっぱら消費者です。

 

昔から虫がものすごく苦手なので、

実際に私がこの国でガーデニングをするまでには、

まだまだ時間がかかりそうです…(⌒-⌒; )

 

 

 

開く 閉じる