パスポートにビザシールがもらえない!

ガッデム特派員

20150125_visasticker

トラトラインターンのSarahです♪
トラトラのブログは、トラトラのサービス紹介はもちろんですが、オーストラリアへのワーホリ・留学に関するあらゆる不安や悩みを少しでも解消できる「お悩み解消系ブログ」でもあります。(ということに私の中ではしていますよ。)「これって大丈夫なのかな?」と問い合わせるほどではないけれど、なんだか不安、そんなことありませんか?

パスポートにビザのシールが貼られていない!

パスポートにビザシールが無い?「もしやビザがうまく発行されなかったってこと?」と思ってしまいますよね?
パスポートには、入国スタンプもビザシールもあって当然と思っていました。
オーストラリアの場合、パスポートに入国スタンプやビザシールを貼る必要がなくなりました。ワーキングホリデービザは、オーストラリアに入国と同時に自動的にスタートします。オーストライリアに入国した日から1年間滞在が可能です。

オーストラリアのワーホリは2段階システム

1stステップ・日本でワーホリビザ取得

オーストラリアのワーキングホリデービザは2段階での取得となります。
はじめに日本でワーホリビザを申請します。問題なければ2,3日で取得することが可能です。申請はオンラインですのでワーホリビザが取得できた場合メールで連絡がきます。

2ndステップ・オーストラリアに期限内に入国する

次に、期限内にオーストラリアに入国する必要があります。この期間を過ぎるとビザが失効してしまいますので、渡豪計画は前もってしっかりしましょう!

  • 取得できた日から1年以内にオーストラリアに入国
  • 31歳になる前にオーストラリアに入国
  • オーストラリアに入国した日から自動的に1年間ビザが発行され、滞在が可能になります。
    なので、日本でワーホリビザを取得ときには、「オーストラリアに入国してからワーホリビザはスタートします(31歳になる前にオーストラリアに入国する必要あり)」という内容のメールがオーストラリア政府から届いているはずです。

    パスポートに入国スタンプがなくても大丈夫!

    パスポートに入国スタンプがない、シールを貼ってもらえないといってワーホリビザがもらえてないわけではありませんのでご安心ください。
    ワーキングホリデービザは、オーストラリア入国と同時に自動的にゲットしてます。

    いかがでしたか?不安が少しでも解消されましたか?ワーホリのビザは自動で記録されるんですね。全然知りませんでした。自動でラクではありますが、裏を返せば私たち自身がメールや書類に目を通して、管理しないといけないということですよね。いつのまにかビザが切れてた!なんてことになりかねないので、注意しないといけませんね〜

    開く 閉じる