ホームステイを楽しむために出来ることをまとめました

yumiko


日本の大学の夏休みを利用してシドニーでホームステイをしながら、トラトラでインターンしています、Risaです!今回初めてホームステイを経験したのですが、私の実体験や知人の話をもとに、ホームステイについてまとめてみました!ホームステイには「あたり、ハズレがある」とよくききます。ここでは私の体験をもとに、ホームステイを楽しく過ごすためのコツをかきます。

はじめに理解していただきたいことは、「ホームステイを変えることはできないけど、自分を変えることはできる。」自分の行動をちょっとかえることで楽しいホームステイがおくれればいいなーと思ったので、まとめてみました。

オーストラリアのホームステイ事情についてはこちら記事を御覧ください。

私のホームステイ先

お父さんはケンタッキーのカーネルサンダースに似ていて食べるのが大好きな家庭です!夜くなる時は車で迎えに来てくれたり、本当にやさしくて大好きな家族です!

家族構成 ホストファザー、マザー、息子さん(44歳)、中国人のお姉さん(25歳)
国籍 イタリア系(ご飯がとってもおいしいです!)
場所 Burwood (タウンホールから電車で15分、シドニー空港まで30分くらい)

スケジュール

ポイントに★マークをつけています。私の場合、語学学校に通っていないので朝や比較的ゆっくりスタートです。ホームステイは通常学校に通学している生徒がステイさせてもらえることが多いので、インターンで働いていたり、学校へ通っている生徒が多いみたいです。

8:00 起床/朝ごはん★/出発の準備
9:30 出発★
11:00 トラトラでお仕事/昼ごはん★
18:00 お仕事終了
19:00 帰宅/夜ごはん★
20:00 みんなでおしゃべり★★★
22:00 自由時間シャワー★
24:00 就寝

★それぞれの家庭のルールを守る

ホストファミリーは、私たちのことを自分の子供のように暖かく接してくれます!しかし、日本とは違った文化や風習に戸惑ったり、それぞれのステイ先でルールが決まっていたりします。お互いに気持ちよく生活するためにも、不安なことや分からないことは確認しておきましょう!
(私の家庭は特にルールはありませんが、夜ご飯が19時からなので、遅れそうな時は必ず事前に連絡したり、家のWifiを多用する時は少しお金を払ったりしています。)

★自分の予定はちゃんと伝える

家を出る前に、帰宅時間や、その日の予定、夜ご飯の有無などをしっかり伝えておきましょう!

★1日1回はホストファミリーと話す機会を作る

せっかくのホームステイ、ファミリーと仲良くならなきゃもったいないです!
はじめは緊張するし、英語が通じないとストレスもたまりますが、自分から伝えようとしないと、相手には何も通じません!英語がしゃべれなくても、“Good Morning”、“How was your day?” など、簡単なあいさつから初めてみたり、良くしてもらったら“Thank you”と必ず感謝の言葉を伝えましょう!逆にどうしてもいやなことがあったら、断ることも大切です。
私もあまり英語はしゃべれませんが、毎日夜ご飯の後に、ホストファミリーに今日何があったか、楽しかったことなどを自分の言葉で伝えるようにしています。そうすると、日々少しずつ英語が上達しているのが分かるし、ファミリーともとっても仲良くなれました!

★体調に注意!早めに寝る!

環境の変化で体はとても疲れています。ファミリーとずっとおしゃべりしていたい気持ちもありますが、できるだけ早く、たっぷり睡眠をとってください!

私のおすすめ

ホームステイは、自分次第でいくらでも楽しく、思い出に残るものになると思います!
-日本のお土産を持って行く(日本のお菓子やセンス、お気に入りの写真など)
-カードゲームなどを持って行って一緒に遊ぶ
-カメラを持って行ってファミリーとたくさん写真を撮る
-オーストラリアのおすすめスポットを教えてもらう
-簡単な日本語や日本料理を紹介する

ぜひ楽しんでくださいね!

ホームステイの朝食に関してはセルフが多いです。こちらの記事を参考に読んでみて下さい。

ローカルで働きませんか?ローカルの仕事・ファームの仕事を紹介します。

開く 閉じる