ハンタバレー特集

ハンタバレーオーストラリアで一番有名なワイン産地です!オーストラリアで最古のワイン産地で、1820年代にブドウの木の栽培が始まりました。今では150以上のワイナリーが一帯に集まっています。

ハンターバレーとは?

シドニーのワイナリーとして世界的にも評価が高いハンターバレー(Hunter Valley)は、シドニーから北へ約120KMの場所にあります。近くの大きな街といえばNewcastleやPort Stephensです。ツアーバスでの移動時間は、途中休憩などもいれて片道約2時間30分です。ローカルの間でハンターバレーはWine Countryなどとも呼ばれています。

ハンターバレーの街

ハンターバレーという名前はワインブランド用に利用されているイメージが強く、実際にハンターバレー内には沢山の小さな街があります。例: Pokolbin、Maitland、Cessnock、Dungog、Kurri Kurri、Singletonなどなど。ホテルを探している場合は住所がCessnocなどと明記されておりハンターバレーとは表示されていないのでご注意ください。ワイナリーは主に、CessnockとSingletonにあり、街の中心街はPokolbinとい場所になります。

ハンターバレーのワイナリー

ハンターバレーには、約150のワイナリーがあります。夫婦でワインを作っている小さなワイナリーから世界的に有名な企業ワイナリーまで大きさは様々です。ツアーでは150あるワイナリーのなかから、もっとも人気が高いワイナリーをまわり、ワインを試飲したり、ワイナリー畑の風景を楽しむことができます。

ハンターバレーへの交通手段

ハンターバレーへは自分でドライブするかツアーに参加するかのどちらかの方法で行くことができます。電車やバスなどは通常走っていません。またハンターバレー到着後、ワイナリーからワイナリーへ「はしごしながらワインの試飲を楽しむ」ことが醍醐味になりますので、現地での移動などを考えると車かツアーに参加する方が多いです。

ハンターバレーのツアー

ツアーには、英語ツアーと日本語ツアーの両方が催行されており、ツアーに参加したい日の空席などをチェックして予約が可能です。ワインが好きな方は、現地で日本語で安心して説明を聞くことでよりツアーを楽しむことができますので日本語ツアーをおすすめします。

ハンターバレーの記事 12記事

開く 閉じる