ワーキングホステルをご存知ですか?セカンドを取りたい人にお勧め!

ワーキングホステルとは?

ワーキングホステル(Working hostel)とは,  仕事を紹介してくれるバックパッカーズのことです。宿泊する代わりに、仕事を紹介してくれるので、滞在が長くなればバックパッカーズにとってもメリットがありお互いウィンウィンの関係になります。特に田舎のバックパッカーズは、集客方法の一つとして、宿泊客に仕事を紹介することがります。観光以外にも宿泊客を増やすことが目的です。

ワーキングホステルは都市部や田舎など場所に限らずとこにでもありが、田舎の方が多いイメージです。仕事の内容は、バッパーの掃除やハウスキーピングだったり、またはファームでの仕事を紹介してくれるところもあり仕事内容は宿泊先によって違います。

  • 宿泊者には仕事を紹介してくれる
  • 仕事紹介で集客している
  • 特に田舎のバックパッカーズが多い

ワーキングホステルを紹介

これまでワーホリに人気のあったワーキングホステルをご紹介します。セカンド取得ができる保証はないです。

クイーンズランド州のワーキングホステル

Banana Barracks:Tullyのバナナファームの仕事紹介をしてくれる。

Ayr Backpackers:AYRのファームの仕事紹介してくれます

Delta Backpackers : AYRにあるファームジョブを紹介してくれるバックパッカーズ

Innisfail Budget Backpackers:Innisfail のバナナファームの仕事など紹介

Backpackers Shack:Innisfailのファームジョブ紹介

summit backpackers:Stanthorpeでリンゴや他の果物の仕事を紹介

North Bundy Backpackers:Bundaberg バンダバーグのファームジョブ紹介

Dingo Blue Backpackers : Bundaberg バンダバーグのファームジョブ紹介

Goodwood Road Backpacker Hostel : Bundaberg バンダバーグのファームジョブ紹介

Farmgate Backpackers : Bundaberg バンダバーグのファームジョブ紹介

Hub Backpackers : Bundaberg バンダバーグのファームジョブ紹介

西オーストラリア州のワーキングホステル

Brook Lodge Backpackers:Donnybrookのりんごファームの仕事を紹介してくれる。

DUNSBOROUGH BEACHOUSE:ワイナリーの仕事を紹介してくれる

Manjimup Backpackers:MANJIMUPのファームジョブを紹介。サイトなし。

Carnarvon Backpackers:Carnarvonのファームジョブ紹介。サイトなし。97- 99 Olivia Tce,Carnarvon, WA 6701. ph: (08) 9941 1095

Bunbury Backpackers:Bunbury のファームジョブ紹介。

タスマニア州のワーキングホステル

TASMAN BACKPACKERS:Devonportでファームジョブを紹介。11月−4月がピークシーズン

Huonvalley Backpackers:Huon Valley(ホバートの南)の仕事紹介。10月ー5月がピークシーズン

NSW州のワーキングホステル

Griffith Working Hostels:Griffithのファームジョブを紹介してくれる。

VIC州のワーキングホステル

Mildura Backpackers : Milduraのファームジョブ紹介

 

ワーキングホステルでセカンドを取得する場合の注意点

ワーキングホステル(Working hostel)を利用してセカンドやサードのワーキングホリデービザを取得した方も過去にたくさんいます。初めてのファーム探しや、女性一人でファームへ行く場合などは、知らない人を頼るよりもワーキングホステルなどを利用した方が安心という方もいます。ワーキングホステル(Working hostel)でセカンドを取得する場合の注意点をいくつかご紹介します。

セカンド取得条件は自分で調べる

一番注意することは、ワーキングホステル(Working hostel)で紹介をしてもらった仕事をしたからといってセカンド取得条件を満たしているわけではありません。セカンド取得条件を満たしているかは自分で確認する必要があります。ワーキングホステルとしては、セカンドビザやサードビザを取得させるために仕事紹介をしているわけではないので、セカンドが取れるか取れないかをワーキングホステルのスタッフに聞いてもわからないことがほとんどです。各自自分で確認をする必要があります。オーストラリア政府のサイトでセカンド取得条件のエリアと仕事内容をしっかりチェックしてください。

オーストラリア政府のサイトSecond Working Holiday visa

  • セカンド取得エリアかどうか確認
  • セカンド取得の仕事内容か確認

例えば、セカンドビザを取得できるエリアでも、仕事内容が掃除などではセカンドビザ取得の対象になりません。

仕事があるかないかはその時の状況次第

ワーキングホステルに電話やメールで仕事があるかないかを聞くことは可能ですが、ファームの仕事はその時の天候や出荷状況でかわります。結局は行って待つ方が多いです。ただここで注意が必要です。ワーキングホステルとしては、宿泊してくれるお客さんが増えればハッピーなので、

  • 「仕事があれば宿泊したい」と連絡したとしても、
  • 「来週から数名ファームジョブの仕事がある」と仕事がなくてもいってくることがリます。

実際には、1週間まっても2週間待っても仕事が回ってこないことがあります。仕事がない場合でも宿泊料金は発生します。また、順番待ちで数十人すでにワーキングホステルで待っている場合もあります。対策としては、宿泊している他のゲストにどのくらい仕事待ちをしているか聞く。すでに働いている方や、仕事待ちをしているゲストに、状況を聞くことである程度仕事の状況がわかります。

  • 他の宿泊ゲストに仕事状況を聞く
  • 仕事待ちをしている人がどのくらいか確認
  • 仕事がない場合でも宿泊料金は発生します
  • 最低滞在期間が1、2週間の場合もあり

ワーキングホステルを上手に利用

これまでのワーホリ経験者から聞いた、ワーキングホステルを上手に利用するテクニックをご紹介します。一人でファームの仕事を探している場合、何から始めたらいいのか不安だと思います。そういった方には、ワーキングホステルがおすすめです。そして、政府が配布しているハーベスト トレイルというサイトも利用しながら、自分の条件に合ったファームを探してください。

ハーベストトレイルを活用

ハーベスト トレイル (Harvest-Trail)はオーストラリア政府が共同運営している、ファーム情報のサイトです。このサイトでファームジョブを見つけることもできます。

上記のリンクからPDFの資料をダウンロードできます。以前は本が印刷されていましたが、今はPDFだけです。この本の中で、フルーツや野菜別の収穫時期を確認することが可能です。これを利用して、自分がファームへ行きたい時期に、どこで何の仕事があるのかある程度確認できます。

上記のサイトは、エリアを選択して現在募集中のファームジョブを見つけることができます。

エリア/時期をきめてから行く

ファームの仕事は、Seasonal work(季節労働)とオーストラリアでは呼ばれており、季節によって仕事がある、ない、が決まります。ファームへ行く時期を決めたら、次は行くエリアを決めましょう。バナナなどは年中仕事がありますが、応募する人も多いので、Working hostelで順番待ちしている人も多いことがあります。

例えば、2月ー5月=>リンゴの収穫だと=>エリアはQLDのStanthorpe

  • 時期とエリアをあらかじめ決める
  • バナナなどは年中仕事があるけど応募も多い

エリアを決めらたらワーキングホステルを検索

グーグルで「エリア名」と「Working hostel」を検索します。例えば、「Stanthorpe Working hostel」と入れると。summit backpackers が検索結果に出てきます。

上記の検索結果に出てきたサイトを見て、収穫シーズンなどを確認。自分の条件と合えば、連絡をするか予約をして行ってみる。

連絡する時のアドバイスとして、シドニーにいる、3ヶ月後に行く、とかいうと相手にされません。仕事はその時あるかないかなので、明日そっちに行くけど、仕事ありますか?

などと言った方が説得力があります。

  • 連絡する時は近くのエリアにいることを伝える
  • すぐに働ける仕事があるか聞く
  • 待っている人が他に何人いるか聞いてみる

同じエリアで他のWorking hostelも調べておく

Working hostelは一つではなく、同じエリアに2、3調べておきましょう。一つ目のWorking hostelで他のゲストから情報収集をして、仕事がない時は、他のWorking hostelへ行って仕事があるか確認して、あればWorking hostelをそっちへ移動するという感じでフットワークは軽い方が仕事が見つかりやすいです。

  • Working hostelに到着したら他のゲストから情報収集
  • 同じエリアで他のWorking hostelも見つけておく
  • 仕事がない場合は、すぐに移動

ワーキングホステル 上級者編

ワーキングホステルで仕事をゲットして、長期で仕事がありそうな場合、ワーキングホステルを出てシェアハウスへ移動する方もいます。シェアハウスの方が安いことが多いからです。ただし、ワーキングホステルを出るとファームの仕事の斡旋もなくなります。そこで、直接ファームから仕事をゲットする人もいます。もう一つの懸念点は、ワーキングホステルからファームまでは通常30分−1時間くらい車で移動します。ワーキングホステルで宿泊している場合、ワーキングホステルからファームまでは有料の送迎が利用できます。ワーキングホステルをでると送迎が利用できない場合もあります。自分でファームまでの移動を確保できるのであれば、シェアハウスへ移動することも可能です。

  • シェアハウスの方が安い
  • 直接ファームの人から仕事をもらう方が給料がいい
  • ファームまでの移動が必要

直接ファームに連絡してファームジョブをゲットする

オーストラリアでのファーム経験もあり、直接ファームへ連絡してやりとりできるようであれば、ワーキングホステルではなくファームに連絡して仕事を見つけることも可能です。宿泊などの手配もしてくれるファームもあれば、宿泊は各自で探す場合もあります。

QLD州の人気が高いファームのウエッブサイト。

トラトラのファームセミナー

トラトラでは、定期的にファームセミナーを開催していいます。初めてファームへ行くという方には、おすすめです。ファームジョブの斡旋はしていません。

2024年ファームセミナー開催!ファームを検討中の方必見!

最新情報をチェックしよう!
>オーストラリアのことならトラトラへ!

オーストラリアのことならトラトラへ!

オーストラリアのワーホリ、オーペア、ピッキング情報、留学、旅行、ビザ、携帯、スマホ契約はもちろん、その他、シドニー両替サービス、シェアー探し、仕事探し、WWOOF探しなど情報満載です。 政府認定のビザコンサルタントも常時勤務しております。

CTR IMG