J-SHINEと児童英語教師の違いは?語学学校を卒業して通える専門学校人気ナンバーワンを探る!

ガッデム特派員

jshine

トラトラではラインやメールでの無料相談はもちろん、シドニー現地サポートオフィスにて予約制の個別無料相談も行っております。学校選びやビザ延長でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。
日時:毎週木曜日
時間:16−17時
場所:トラトラ
セミナー:学校探し&ビザ無料相談セミナー
無料相談

子供に英語を教えるために必要な資格を取得できる!

J-SHINEとは、「Japan Shogakko Instructors of English」を略です。日本のNPO 小学校英語指導者認定協議会(J-SHINE)が認定している資格です。このJ-SHINEという資格は、小学生に英語を指導することができる資格です。でも教員免許ではありません。

J-SHINEの資格を取得するためには、J-SHINE協会が認定する「児童に英語を教える技能を」持つことが必要とされます。

J-SHINE児童英語教師の資格を取得するメリット

J-SHINEを取得すると、「NPO 小学校英語導者認定協議会」のサイトに登録され、雇用先から仕事のオファーが来ることもあります。その他、児童英語の塾や英会話スクールなどでは広く認知されている資格ですので、応募の際に力強い味方となります。
活躍できる現場の例として、小学校の英語講師民間の英語学校の講師英会話スクールで子供に教えるなどができます。

J-SHINEコース入学条件

J-SHINE登録料 $90
期間 6週間集中コース(2週間は研修)
入学基準 語学学校を卒業している
Intermediate 以上の英語力
英検2級・TOEIC500
ビザ 観光、ワーホリ、学生、永住ビザ

J-SHINEのコースがある学校を紹介

トラトラでご紹介できる学校は、シドニーに2校とブリスベンに1校あります。【学校の詳細を見る】で料金なども確認できることができます。

 

Loading...

 

Loading...

 

Loading...

J-SHINEの取得期間などをオーストラリアと日本で比較!

日本

日本では、通信教育や英語学校が提供している講座を受講することによって取得できます。約1年間かけて資格を取得します。また普段は仕事や学校に行きながら、J-SHINEの資格を取る方もいます。

オーストラリア

オーストラリアで取得する場合には最短6週間で資格が取れますまず4週間の講習があり、外国語の効果的な指導方法や教育に関する理解を深め、英語のネイティブ発音や子供との関わり方など、実践的なことを学びます。
その後2週間の実務として現地幼稚園や小学校などに実習に行きます。子供に向けた言語指導をします。

オーストラリアのJ-SHINEコースの授業風景

卒業生から実際に勉強した内容をきいてみました。

授業内容
実技レッスン準備
TPR(全身反応教授法)
TPR(全身反応教授法)
児童心理学 2人組みの実践レッスン
2人組みの実践レッスン
教室管理
小学校を想定とした 実践レッスン
2人組みの実践レッスン
2人組みの実践レッスン
DVDオブザべ―ション
小学校を想定とした 実践レッスン
教材と教材選考のアドバイス
クラフト(工作)
クラフト(ドローイング)
クラフト(カラーリング)
歌とチャンツ
聞くことの指導法
カリキュラム・指導案の作成法
英語指導者・登録制度について
チャイルドケア実習
オリエンテーション

だた英語を教えるのではなく、子供の心理を理解して注意を引くことが大切。これを短期間でギュッと詰め込んで勉強します。卒業生からは、達成感とこれから日本で仕事をする期待感でいっぱいになります。しかっりと学べる、集中して学べる、即戦力になるJ-SHINE児童英語教師育成コースです。

2020年から小学3年生から英語授業が開始!

文部科学省によると、遅くても2020年度にはすべての小学校で小学校3年生から英語の授業が開始されることが発表されました。パフォーマンスに応じた成績が付けられると共に、今後は進学にも影響するようになります。教育現場でさらに英語の重要度が増していきますね。

自治体で募集されている、英語教師の内容で注目されているのが、NPO法人・小学校英語指導者認定協議会(略称:J-SHINEによって認定される小学校英語指導者資格です。

J-SHINEがなくても児童英語教師として英語を教えることができる?

答えはYES!英会話塾や児童英語を専門とした英会話スクールなどJ-SHINEがないから雇えないということはありません。小学校で教えるには教員免許が必要ですので、先生のアシスタントとして参加するJ-SHINE卒業生もいます。

現在の日本の教育現場では、英語を教える人が不足しています。今はJ-SHINEの資格が無くても英語を教えることができますが、今後のことを考えると取得しておくことをおすすめします。

まとめ

これから活躍の場が広がって行くJ-SHINE!オーストラリアで学んだ英語を、活かせる資格です。子供が大好きで英語も活かしたいあなたにはぴったりではないでしょうか?

またトラトラでは無料の学校相談や、ビザ相談をしています。この記事を読んで少しでも興味を持たれたあなたは、お気軽にお問合でくださいね♪

お問い合わせ

開く 閉じる