ワーホリでも加入できる現地の保険をご紹介。新規加入と更新料金はトラトラの保険相談窓口まで

ガッデム特派員

医療保険

保険見積もりページへ

このページの内容を簡単に説明

このページはオーストラリアで保険に入りたい方向けの情報ページです。オーストラリアで保険に加入したいと思っている方は、おそらく以下の2パターンの状態の方ではないでしょうか?

日本から保険に加入して来なかった。
日本で加入してきた保険の期限が切れた

現在オーストラリアで保険がない状態、または保険が切れてしまうので加入したい、と考えている方はこのページを参考にトラトラで保険加入の入手続きを進めてください。

ワーホリでも加入できる現地の健康保険

これまで外国人が海外で保険に加入することはできませんでした。特にワーキングホリデービザの場合、一時滞在ビザというカテゴリに属するため、観光で滞在している人たちと同じ扱いになります。一時滞在のかたは、「出発前に母国で保険に加入してくる」というルールがありましたので、現地に到着してから加入する保険がありませんでした。加入できる保険があったとしても高額なものだったり、正式なものではなくオーストラリア国内に店舗のない海外の保険会社への加入などがメインでした。

最近、一時滞在者向けの保険が現地でも加入できるようになりました。これはオーストラリアに店舗を持つ、現地ローカルのオーストラリア人も多く加入している保険会社です。トラトラではこの様な、オーストラリアに店舗を持つ保険会社への加入手続きを行っております。

オーストラリアの学生ビザを申請するための保険OSHC

オーストラリアで学生ビザに変更するためのOSHC 学生保険をお探しの方は、こちらからトラトラまでお問い合わせください。このページでは、学生ビザ以外のビザでオーストラリアに滞在している方(ワーホリ、観光、永住)を対象に保険の紹介をしております。

OSHC学生保険の問い合わせ

現地で保険に加入できる対象者をビザ番号で判別

今オーストラリアに滞在している方は、ビザ番号が以下に表示されているか確認してください。表示されていてば、保険への加入が可能です。例:417=ワーホリ/セカンド

ビザ番号 ビザ名
10 Bridging Visa Class A
20 Bridging Visa Class B
30 Bridging Visa Class C
160 Business Owner (Provisional)
161 Senior Executive (Provisional)
162 Investor (Provisional)
163 State/Territory Sponsored Business Owner (Provisional)
164 State/Territory Sponsored Senior Executive (Provisional)
165 State/Territory Sponsored Investor (Provisional)
402 Occupational trainee
406 Government Agreement
411 Exchange
415 Foreign Government Agency
416 Special Program
417 Working Holiday (Temporary)
418 Educational
419 Visiting Academic
420 Entertainment
423 Media and Film Staff
426 Domestic Worker (Temporary) Diplomatic or Consular
427 Domestic Worker (Temporary) Executive
428 Religious Worker
456 Business (Short stay)
457 Business (Long stay)
457 IE FAOBusiness (Long stay) 
459 Sponsored Business Visitor (Short stay)
461 New Zealand Citizen Family Relationship (Temporary)
462 Work and Holiday (Temporary)
470 Professional Development
475 Skilled – Regional Sponsored
476 Skilled – Recognised Graduate
485 Skilled – Graduate
487 Skilled – Regional Sponsored
495 Skilled – Independent Regional (Provisional)
496 Skilled – Designated Area-sponsored (Provisional)
497 Graduate – Skilled

保険見積もりページへ

ご主人の転勤でオーストラリアに滞在している方など、もし上記の表にご自身のビザ番号が明記されていない場合、トラトラまでお問い合わせください。その際ビザ番号をお知らせください。

保険に加入するためにかかる費用はいくら?

ワーキングホリデービザやセカンドワーホリで現地オーストラリアの健康保険に加入する場合の料金のご案内です。

費用 プラン名 内容
$17.20/週 Budget 救急車費用
病院での医療費
$22.50/週 Value Plus 救急車費用
病院での医療費
クリニック診察代 (一部カバー)
$31.00/週 Basic 救急車費用
病院での医療費
クリニック診察代
$60.00/週 Mid 救急車費用
病院での医療費
クリニック診察代
整体
$72.00/週 Top 救急車費用
病院での医療費
クリニック診察代
整体
歯科
眼科

*クリニック、歯科、眼科などは、全額免除されない場合もあります。一部自己負担となります。

保険見積もりページへ

オーストラリアでは、風邪を引いた時などまずクリニックへいきます。そこで診断を受けてさらに検査が必要な方は病院へ行くことになります。はじめから病院へ行く場合、救急車で運ばれていくことになります。
バジェットプランではクリニックでの料金が含まれませんのでちょとした風邪などの際に医療費はカバーされません。

日本で加入できる保険と、現地で加入する保険の違い

オーストラリアでワーキングホリデービザを持っている外国人が加入できる保険は、健康に対する「健康保険」のみとなります。盗難や紛失に対する保険に加入したい方は、日本での手続きが必要になります。日本出発前にAIUワーホリ保険に加入してください。

保険は大きく分けて2つの種類があります

【物に対する保険】と【健康に対する保険】の2種類があります。
AIUの旅行保険やワーホリ保険は通常このふたつが両方入ってます。

−物に対する保険は、バッグが盗まれてなくなった時、シェアーハウスでキッチンを焦がした時、スマホが盗まれた時など修理代などをカバーしてくれます。

−健康に対する保険は、病院に行った時の診察料金、通訳の費用、薬代、入院費、救急車料金などなど

保険は日本で入るほうが安い? 現地で加入するほうが安い?

現地で手配するほうが安いイメージですが、日本で販売されている保険と現地で販売されている保険は保険でカバーされる内容が違います。同じ保険が日本と海外で販売されているわけではないです。
日本で販売されている保険は携行品の盗難や健康保険などすべてのことに対してカバーしてくれる保険です。現地オーストラリアで加入できる保険は、あくまでも健康保険だけです。しかも、健康保険だけでもカバー範囲を病院の治療費や入院費まで広げると、AIUさんのワーホリ保険と同じくらいの金額になります。オーストラリアで加入できる保険で一番安いものだと2万5000円以上の医療費しかカバーしてくれないものになり、この場合現地オーストラリアのほうが安いです。

例:風邪を引いて熱が下がらないのでもよりのクリニックに診察に行ったら$150ドル(約1万5000円)請求された。
この場合現地オーストラリアのやすい保険はカバーしてくれないので実費となります。

オーストラリアで医療費をすべてカバーしてくれるものに加入する場合、日本でAIUワーホリ保険へ加入するほうが安いとおもいます。AIUのワーホリ保険の場合、医療費+携行品盗難などもカバーされるので断然ベターです。

AIUのワーホリ保険について

ワーホリ協会へ

ぶっちゃけ保険には入ったほうがいいですか?

ぶっちゃけ本人次第です。迷っているなら入ったほうがいいと思います。トラトラでは特に保険への加入を進めているわけではなく、保険へ加入したい方を対象に保険加入の手続きを行います。

まだ日本にいてオーストラリラのワーホリ保険への加入を迷っているなら、AIUのワーホリ保険への加入をおすすめします。AIUのワーホリ保険は日本でないと加入できません。日本でできることは日本で済ませちゃいましょう。AIUのワーホリ保険へ加入すればまず間違いないです。病院費用、盗難や紛失、旅行先でのトラブルなどとにか対応が素晴らしいです。

まだ、日本にいてAIUのワーホリ保険ではなく、オーストラリア現地の健康保険に加入したい方はトラトラで手続きが可能です。AIUのワーホリ保険の料金に比べてやすいように見えますが、それはカバーされる枠が狭いだけです。健康保険のみ対象ですので、シェアー先でカメラやスマホが盗まれてもカバーされません。また、サービス面でも違いはあります。AIUのようにキャッシュレスではないので、一度自分で払ってから後で保険会社に請求します。AIUのワーホリ保険の場合、保険証を見せればお金を払う必要がありません。しかも日本語が通じる病院で診察が可能です。

保険に入る必要はない! ワーホリビザの取得に問題なし!

保険に入る必要はありません。オーストラリアの学生ビザ申請の場合、「OSHC学生保険に加入しないと学生ビザが取得できない」という条件があるので、みなさんOSHC保険に加入しますが、ワーホリや観光の場合特定の保険に加入しないとビザが取得できないとう条件はありませんので、かならず保険に加入する必要はありません。
例えば、何らかの病気が原因で入院することになった場合、ワーホリの場合オーストラリアでは入院費が1日約20万円します。集中治療室の場合はもっとします。入る必要はなくても、保険には入っておいたほうがいいです。

AIUのワーホリ保険をオーストラリアで更新できますか?

できません。日本のご家族に委任状を送って、ご家族がAIUワーホリ保険の延長手続きを行う必要があります。あとは、日本へ一時帰国したとこに延長したり、新規で加入することになります。

オーストラリアで働くときに保険は必要ですか?

オーストラリアで働くときに雇用主から保険会社名の提出が求められることもあります。特に飲食店など海外からの学生やワーホリを雇用するお店の雇用主からは聞かれることが多いです。必ず聞かれることではありません。オーストラリアでAIUも現地の医療保険にも加入していないからといって仕事がゲットできないわけではないのでご安心ください。
雇用主から保険の加入を求められたらその時にトラトラで保険へ加入すればいいとおもいます。

保険見積もりページへ

毎週金曜日はローカルの仕事&ファームジョブを紹介セミナー開催!

開く 閉じる