service

英文履歴書の書き方

今月のトラトラキャンペーン

標準的な形式がない英文履歴書

The Rule of Writing Resume

英文履歴書には日本のような標準形式がありません。とはいっても暗黙のルールや常識はあります。ここでは知っていて損はないそのルールをわかりやすく説明します。

履歴書のダウンロードはこちらからどうぞ。下をクリックして「ファイルを保存する」を選択してください。

英文履歴書(エクセル)のダウンロード

英文履歴書(ワード)のダウンロード

日本語履歴書(エクセル)のダウンロード

たくさん応募された履歴書の中から、どうやって自分の履歴書を目立たせて興味をもたせるか...でもワーキングホリデーや留学でオーストラリアに着たばかりの時は、そこまで履歴書に力を入れる時間もないし、特に日本で仕事経験のない人は、何を書けばいいの?と戸惑うことでしょう。トラトラでも毎日たくさん同じような質問を受けます。

英文履歴書

Resume in English

ここではワーキングホリデーや留学生が書く履歴書の説明をします。言い換えれば、オーストラリアの大学生が仕事を探すときに書くような履歴書です。

共通点として

・職務経験があまりない、もしくはまったくない。でもアルバイトはちょっとした。

・学歴もそれほどない。大学は休学中、または卒業したばっかり。

・給料より仕事の経験を求めている

 

サンプルの英文履歴書と一緒にあなたも英文履歴書を書いてみよう! オーストラリアの企業:オーストラリアの企業側の考えをまとめてみました。

するべきこと、してはいけないこと

Should and Shouldn't

■上記のサンプル履歴書では3つミスをしました。

1:気がついた人もいるかも知れませんが、27行目のimportinportとスペルを間違えてます。

2: 6行目のexprtienceexperienceの間違いです。

3:長すぎて印刷したとき1ページに収まらない !

 

今回はエクセルを使って作りましたが、ワードを使う人も多いです。ワードのほうがスペルチェック機能が優秀?かもしれません。日本語の履歴書で漢字を間違えるように、スペルの間違いは大きな痛手となります!!!!!!

英文履歴書でしてはいけないこと 01 個人情報

Must Not : 01 Personal Information

写真はつけない。「性別」、「年齢」、「国籍」を書く必要もなし!

 

オーストラリアの企業: 通常の場合、写真は必要ナシ。外見が審査の対象になることを防ぐため、写真の添付はビジネスモラルに反しています。 写真をつけているということは、「外見も審査の対象にしてください」とお願いしているように理解されます。 その他、差別の対象になるという認識から「性別」、「年齢」、「国籍」を書く必要もありません。 もちろん本人に問題が無ければ記入してもOKです。

英文履歴書でしてはいけないこと 02 職歴と学歴

Must Not : 02 Job Experience and Education

職歴をリストアップするだけではダメ

 

オーストラリアの企業: オーストラリアでは職務経験がすべてです!雇用主は、学歴よりも経験を重視します。 学歴がなくても職務経験とやる気があればチャンスをやろう!と考えるのがアメリカや欧米企業の常でオーストラリアでも同じような傾向があります。 以下のことに注意して書きましょう。

1.これまでの経験が応募する仕事の内容につながるような書き方をする。

2.仕事内容の説明や役職よりも実績や成績が特に重要。トップセールス賞など高成績が証明できるとなおいいです。

3.これまで受けた仕事につながるトレーニング、教育なども大事。セールス力を上げるためのクラスなど。前の会社で受けたトレーニングコースなど記入するといいでしょう。

4. 学歴は基本的に最終学歴だけ書けば十分です。(時々小学校から書く人がいますが必要ないです。) 学歴は大学名よりも学部の説明に力を入れる。

 

特に日本人は注意! 何大学を卒業したかよりも、どの学部で何を勉強したかが重要。勉強した内容と応募する仕事内容がつながるように 記入するのがコツ!世界的な大企業は別として、オーストラリアで「東京大学卒です」といっても、だれも東京大学なんてしりません。 日本人に「ソウル大学卒です」といっても、ただ韓国の大学を卒業した人と思われるのとおなじで、韓国でソウル大卒といえば、東京大学卒くらいにビックリされますが...

職歴が豊富でない学生は 職歴のない方は、これまでの学歴からどのような仕事に興味を持っているか、 どういったスキルを身につけたいかなどを記入します。仕事に興味を持っているだけでなく、目的を持って自分のスキルアップを考えているような人は興味を引きます。

英文履歴書でしてはいけないこと 03 スキル

Must Not : 03 Skills

応募する仕事に関係の無いことは書かない 

 

これは学歴、職歴、すべてのことにいえます。 応募する仕事に直接関係のなさそうなことは記入することを避けましょう。 学歴や職歴などを応募する仕事につながるように書くテクニックが必要です。 たとえばカフェで働く仕事を探すときに「去年までITを勉強していました。カスタマーサービスの経験なし。」と書いてもマイナスポイントです。でも、「カスタマーサービスは初めてですが、2年に渡るIT学習をもとに御社のウェッブページ改善やウェブマーケティングなどを利用した集客には自信があります。」などと書くと、他の応募者よりプラスアルファ的な効果が得られます。

 

スキルで記入すること

1.パソコンの知識。

2.日本語が読み書きできることをアピール

オーストラリアの企業: 日本語の読み書きができることも重要なスキルです!オーストラリアは観光業界が経済を盛り上げている国です。日本語が話せることが大きなポイントになります。

コンピューターの知識も仕事の内容によっては、会社側がもっとも興味のある情報です。 何がどれだけ使いこなせるかをはっきり記入すると喜ばれます。

英文履歴書でするべきこと 01 志望動機+自己PR

Must : 01 CAREER OBJECTIVE

CAREER OBJECTIVEで熱弁する! 

 

オーストラリアの企業: たくさんの応募者がある場合、雇用主は一人一人のCVまで目を通すことはありません。 そのかわり”CAREER OBJECTIVE”を読んで応募者が適切であるかを判断します。 CAREER OBJECTIVEとは、仕事に対する目標や考えかたのことです。 ここでは、応募されている仕事がいかに自分にとって興味があり、最適であるかを熱弁する必要があります。 CAREER OBJECTIVEは英文履歴書のなかで職務経験の次に大事な項目です。 CVの省略文のようなものです。

英文履歴書でするべきこと 02 職歴と学歴

Must : 02 Job Experience and Education

アルバイトも立派な職歴のひとつ!

 

アルバイトやパートも立派な職歴のひとつです。応募する仕事に関連の有りそうなことは記入しましょう。業務内容の説明に重視です。

「マクドナルドで2年アルバイトしました」だけでなく「マクドナルドで働いた2年間の経験をもとに、カスタマーサービス、納品管理、新入社員の教育などに深い関心と自信をもてるようになりました。」などと書くと、さらにスキルアップを狙っているかのように聞こえて興味をもたれるでしょう。

 

学歴も応募する仕事につながるように書く

オーストラリアの企業: 職歴があまり豊富で無い方は、学歴がこれからの仕事にどれだけ関連してくるかを書きます。 ただ学歴をリストアップするだけではデメです。ここでも在学中に得た賞や結果を提示します。 なかには卒業研究、論文を紹介する方も多いです。 ADDITIONAL EDUCATION (お稽古、趣味) 自分を紹介する際プラスになるようなお稽古事なども記入します。

英文履歴書でするべきこと 03 仕事以外の自分をアピール

Must 03 : Outside of Working

趣味や特技を書く理由とは? 

 

雇用主は、興味のある応募者が週末や、休日仕事が終わってからなど、何をしているのか興味を持ちます。 仕事以外の自分がどれだけポジティブな生活を送っているかをアピールしましょう。 ボランティア活動も忘れずに これも仕事以外の自分を説明するときにプラスになります。

英語履歴書でするべきこと 04 推薦者

Must 04 : Recomemmder

推薦者は学校から1人、職場から1人 

 

推薦者は学校から1人、職場から1人

オーストラリアの企業: 推薦者は通常2名記入します。過去の雇用主から一人、教育関係者から一人。 面接官が連絡可能な人を書きましょう。 職場の友人や、自分のことをよく知っている人でもいいですね。 本当に連絡が行くこともあります。

1.英語が話せる方を記入する

2.あらかじめ推薦者に連絡を取り、応募した仕事と自分の長所を明確に伝えておく。

英文履歴書について コツをしっかり抑える!

Points

スペルチェックは必ず!

 

履歴書はできるだけ1ページでまとめる。 英語のできる方に英文法のチェックをしてもらいましょう。 スペルチェック機能でスペルの間違いもチェック! 英語に自信のない人は、長い英文を書かない。できるだけポイント形式で書いていきましょう。

 

例 :

-Completed customer service training course

-Supervised sales of laptop compurters

 

これを長い文章で書くと英語のスペルだけでなく文章のチェックも必要になってきます。 履歴書をポイント形式で書くことは現地の大学生にもアドバイスされる履歴書のコツです!

オーストラリアの企業: 通常の応募→返答の順序としては、

1.メールやFAX、郵送などでCVと履歴書を送ります。(企業の応募方法にあわせる)

2.面接が必要な場合、はじめの連絡はメールできます。

3.面接後、採用/却下の知らせは電話で連絡がきます。 雇用主から連絡があっても電話にでられないのはチャンスを逃す結果になります。 必ず連絡の取れる携帯番号を書きましょう。

 

はじめの連絡はEメールできます。メールアドレスも必須です! 英文履歴書には日本のような標準形式がありません。とはいってもルールや常識はあります。 従って書き方もその人それぞれです。 たくさんの応募者のなかから自分の履歴書が一番目立ち、アピールされるようにしなくてはいけません。 これを参考にまずは自分で英文履歴書を書いてみましょう! 

ご相談は気軽にお電話、またはシドニー店頭までご来店下さい。

LINE LINEでお問い合わせ

メールでお問い合わせ

2017年6月12日(月)は祝日のため、当日頂いたお問合わせは6月13日(火)に順次対応させて頂きます。
日本からはこちら
050-6864-7099
オーストラリアから
02-9286-3774
月-金:10am-18pm
土:11am-16pm
日:定休日
シドニー現在時刻:14:05