Working Holiday

留学体験談

はじめの1ヶ月ですることリストまとめました!

オーストラリア留学は現地サポートオフィスのトラトラにお任せください!トラトラの到着オリエンテーションでしっかりサポート致します!


 シドニー空港到着!

最初の土曜日

トラトラスタッフがお出迎え

トラトラの日本人スタッフがシドニー空港でワーキングホリデー/留学生の皆様をお迎えにあがります。通常の場合、日本の各地からシドニーへ到着する留学生は10名~20名です。フライトが遅れることもありますので、他の留学生を空港で一緒に待っていただくこともあります。

オススメブログ

詳しく見る

到着オリエンテーション

空港で全員が集まり次第トラトラのシドニーオフィスへ移動して到着オリエンテーションを行います。
初めて海外生活をする方を対象に電車やバスの乗り方、両替、ポケットWiFiレンタル、スマホ契約、危険な地域の説明、ホームステイの一般的なルールなどなど。
到着オリエンテーションが終わるとちょっと休憩をはさんでホームステイへ出発!
(日曜日到着の方は、シドニー空港から直接ホームステイへの送迎となります。)

ちょっと休憩時間にすること

シドニーで電車やバスに乗るためには、オパールカードが必要です(スイカみたいなカード)。休憩時間にスタッフが同行してカードをゲットしに行きましょう!市内の学校に通う方は、学校の場所、バス停の場所、電車の駅を一緒に確認します。

ホームステイへレッツゴー

ホームステイへ出発します。同じ方向のホームステイの方と一緒に通常3,4名づつホームステイへ出発します。 いよいよ緊張が高まってきます! 移動中もわからないことがあればスタッフになんでも聞いてくださいね。

連絡先は大丈夫?

オンライン

オーストラリアのスマホを契約

到着オリエンテーションでもオーストラリアのスマホ/iPhone/ポケットWiFiレンタルの案内があります。当日トラトラにて契約する事が可能です。オンラインでお申し込みの方は、トラトラの店頭にて機材を受け取ることが可能です。日本語設定などをスタッフと一緒に行いましょう!
トラトラのオーストラリア携帯サービス
詳しく見る

オーストラリアのスマホを契約

オーストラリアで仕事をするなら携帯番号が必要です。安い携帯でもOkですが、1年使うなら日本のようなスマホをゲットすることをお勧めします。グーグルマップやラインが日本と同じように利用できるのでとっても便利です。トラトラのオーストラリア携帯サービスをご利用いただけます。
トラトラのオーストラリア携帯サービス

ホームステイ生活スタート

はじめて

ホームステイの生活になれる

ホームステイの生活になれる唯一の方法は、ホームステイファミリーとたくさんお話しすることです。​ホームステイファミリーも気を使って、そっとしておいてくれることが多いですが英語が話せなくても、みんなと一緒にリビングでテレビを見たり、こちらから積極的に話しかけましょう。
オススメブログ
詳しく見る

はじめてのホームステイ

こちらから話かけると、気持ちよく対応してくれますよ。ホームステイのルールは家それぞれです。自分のお皿は自分で洗う、洗濯は週に1回自分でする。夜10時までに帰ってくる。シャワーとトイレが同じバスルーム内の場合は、15分以内にシャワーを済ませる。などなど

はじめての朝食

朝食は各自自分でコーンフレークやパンを焼いて食べる家庭が多いです。ホームステイファミリーから説明があると思いますが、遠慮せずに朝食は自分で済ませましょう。

はじめてのランチ

ホームステイの生活に慣れてくると、スーパーでパンやハムを買っておいて朝サンドイッチを作って学校へもっていくことができます。でもまだ到着してドタバタしているので、はじめは新しいクラスメートとカフェランチでもいいと思います。きっとみんなもランチを持ってきてないはずです。

はじめての帰宅

週末と平日では、バスや電車の時間が違います。学校が終わって家にちゃんと帰れるまであまり寄り道せずに直帰しましょう。シドニーにはサマータイム(夏時間)と普通時間がります。3月から9月までがサマータイムです。サマータイムの時は夜8:30まで明るいですが、4月~8月の通常の時間の時は6時には真っ暗になります。郊外には街頭も少なくバスを降りてから迷子になる生徒もちょこちょこいるので、慣れるまで明るいうちに帰宅してください。

海外生活のはじまり!

1週間目

オーストラリア生活スタート

ホームステイ先で一段落したところでいよいよオーストラリア生活が始まります。 学校生活の醍醐味は様々な国の友達ができること。交友関係も一気に広まり海外生活が充実してきます。
オススメブログ
2016年オーストラリアの祝日を調べました
出席率は80%をキープ!
シドニーで絶対に行く・やるべき7選! 
 
詳しく見る

はじめての日曜日

シドニーに到着して最初の日曜日は、各自で「学校へ行く練習」をしましょう。グーグルマップを利用して、何番のバスに乗って、バス停から学校までの道を歩いて練習します。シドニーの街まで来たついでに、オペラハウスやハーバーブリッジなど観光もできますよ!

はじめての月曜日

学校から届いている「初日の案内レター」に、初日は何時に何を持参して学校に来てください。と明記されています。時間に間に合うように最初は30分くらい早く家を出ましょう。パスポートと入学レターは忘れずに持参してくだい。学校の初日と「オーストラリアの祝日や連休」が重なってないか確認してくださいね。
初日は、クラス分けテストと校舎を案内するオリエンテーションで1日が終わります。実際の授業は翌日からとなります。
 

はじめての火曜日

いよいよ授業のスタートです。新しいクラスメートや先生と出会い、緊張しながらクラスがスタートします。楽しいことがたくさん待ってます!クラスのみんなも、ヨーロッパや南米から数日前にオーストラリアに到着した生徒ばかりです。親近感がわいてすぐに友達ができますよ。

はじめての金曜日

はじめの金行日は、飲みに行くぞー!と言いたいところですが、遅くなるとホームステイまで帰れなかったり、ホームステイファミリーを心配させることもあるので、そんなに遅くまで遊ばないようにね。

2回目の土曜日

はじめての土曜日からすでに1週間が経過しています!2回目の土曜日は学校の新しいお友達とビーチでバーベキュー!ですよね★ その他、世界一眺めのいい動物園として人気なタロンガ動物園や世界遺産ブルーマウンテンなどシドニーには観光スポットがたくさんあります♪

 シェアハウス探し

2週間後

シドニーに到着して2週間目

そろそろシェアーハウス探しをはじめましょう。トラトアでは、シェアー探しセミナーを毎週開催しています。予算、場所、入居のタイミングなどセミナーでご相談ください。
オススメブログ
【挑戦シリーズ】英語でシェア探し!
トラトラセミナー「シェアハウス探し」 
シェアーハウス見学の秘訣を聞いてみました。
オーストラリアの生活費をリアルに計算
詳しく見る

シェアーハウス見学

シェアーハウスを決める前に必ずシェアーハウスの見学に行きましょう。多い方は30件くらい見学に行くみたいですよ。入居した後にビックリ事件が無いように、入居前にしっかり部屋をチェックしましょうね。
 

仕事する準備

3週間目

銀行口座開設ツアーに参加

仕事をするために必要な、銀行口座開設、タックスファイル番号の申請、在留届の提出、私書箱の作成を行いましょう。
タックスファイルナンバー 取得
銀行口座開設ツアー 
詳しく見る

毎週金曜日は銀行開設ツアー

トラトラでは毎週金曜日に、「銀行ツアー」を催行しています。銀行の仮開設がおわっている方は、毎週金曜日1:30pmにトラトラに集合です。スタッフが同行して銀行まで一緒にいって開設のサポートをします。銀行の仮開設がまだなかたは、木曜日までにトラトラで仮開設を完了させてください。 銀行ツアーは1:30から約2時間必要です。

 シドニー到着1ヶ月後

1ヶ月

シェアハウス生活スタート

ホームステイをでてシェアーハウスに引っ越しをします!これでちょうど1ヶ月ですよ。ほんとにあっという間です。

現地サポートオフィス

留学生を応援します!

一人一人をしっかりサポート

はじめの1ヶ月間は、一番どたばたして大変な時期だと思います。トラトラシドニーでは、一人一人の留学生/ワーキングホリデーの方とじっくり話し合いながらひとつひとつ不安やハードルを越えていけるように全力でサポート致します!
1年後あんなこともあった、こんなことも大変だった、と一緒に笑えるように頑張りましょう♪

トラトラのサービス一覧