エアーズロックの基礎知識と定番ツアーをご紹介

yumiko

ayersrock2州のことを通称NTと呼びます。

ノーザン・テリトリーの州都、ダーウィンからはるか離れたアウトバックには、オーストラリアの観光を代表する世界遺産エアーズロック(ウルル)があります。そして、その周辺には、大陸のスケールの大きさを実感できる数々の名所が散在しています。

NT州観光局作成動画

また、アウトバックの拠点でもある第2の都市、アリス・スプリングスは、先住民族アボリジニーが多く住んでいます。よって、アボリジナル・アートが盛んです。

このように、アボリジニーの聖地・文化を直に感じられるアウトバックの魅力を、あなたも探ってみませんか?

定番観光地 どんなところ?
ウルル 巨大な一枚岩
人気パワースポット
風の谷 カタジュタ国立公園内の散策ルート
ジブリファンなら行くしかない
キングス
キャニオン
砂漠を切り裂いた巨大な渓谷
セカチュウで一気に有名に
リゾート 高級ホテルとバッパーに宿泊可
レストランやスーパーもある
アリス 砂漠の真ん中にある街
旅行者が一休みする場所
デビルズ
マーブルズ
まるい巨大な岩がごろごろ
なぜ砂漠の真ん中に???
フィールド
オブライツ
光の草原
2017年3月まで
星空 ツアー中は星空をチェック!
天の川に手が届きそう!
ラクダ
ツアー
世界一野生のラクダが多い!
ラクダでサンセットがオススメ

エアーズロック

アボリジニーの聖なる一枚岩

エアーズロック (アボリジニーの呼び名:ウルル)は、オーストラリアのシンボル的複合遺産の一つです。外周約9.4km、 高さ 約348mと世界で2番目に大きい一枚岩で、オーストラリア大陸のほぼ真ん中にあることから「大地のへそ」「地球のへそ」と称されています。先住民アボリジニーが崇拝するこの巨石の魅力とは、一体何なのでしょうか?

朝昼夕、さらには天候や時期で違う色を魅せる岩肌!

エアーズロックの岩肌は、天候や時期で様々な色を魅せてくれます。また、時間によっても変化します。例えば、朝日でオレンジ色だった岩肌が、昼は赤茶色になり、夕陽には燃えるような赤から紫さらには青に変わっていく・・・というように。


エアーズロックが現在の形になった、約400万年前から続くこの神秘を目の当たりにすれば、アボリジニーでなくても崇拝したくなる!?

エアーズロックの登山について


エアーズロックの観光といえば、登山が当前かといえばそうではありません。なぜなら、ここはアボリジニーの聖地。神聖な場所に、他人が足を踏み込むことを、アボリジニーたちは良しとするでしょうか?もちろん、登るか登らないかは任意ですが、もし登るのであれば「ゴミを落とさない」「岩肌を傷つけない」「撮影禁止場所で写真を撮らない」などのマナーはしっかり守るべきです。アボリジニーの文化や宗教観を尊重し、登らずにエアーズロックの眺めだけを堪能するという選択肢だってあることをお忘れなく。眺めているだけでも、しっかりパワーはもらえますよ。

風の谷

3つの呼び名をもつアボリジニー男性の聖地

風の谷とは、ウルルーカタ・ジュタ国立公園(Uluru-Kata Tjuta National Park)内にある、高さ約500m、36の奇岩群です。その岩の間を風が吹き抜けるため「風の谷」。一方、先住民アボリジニーは、『たくさんの頭』を意味する「カタ・ジュタ」と呼び、男性の聖地として崇めています。一般には、「オルガ山(Mount Olga)」と呼ばれるため、この巨石群は、3つの呼び名があるんですね?いずれにせよ、オーストラリアの名高い複合遺産の一つです。

散策でその雄大さを実感する!

エアーズロック(ウルル)と違い、風の谷は登ることができません。しかし、往復2.63kmのウォルパ渓谷コース と 往復5.4kmの風の谷コースの2つのトレッキングルートがあり、それぞれで散策を楽しめます。各展望台から見える、その雄大な風景をたっぷり堪能してきてくださいね。トレールは基本的に平坦ですが、歩きやすい靴はマストですよ!

風の谷(カタ・ジュタ)散策体験


風の谷(カタ・ジュタ)は、エアーズロック・リゾートから約53km先にあります。レンタカーで行くか、ツアーに参加するかの2択だったので、ツアーに参加しました。エアーズロック・リゾートを出発したのは、日の出前。朝日と風の谷を鑑賞してから散策開始です。

私は、体力に自信はないものの、約3時間前後の散策と聞いて、長距離のトレトレールを選択しました。ちなみに、短距離のトレールは、第一展望台で引き返すコースです。

水を補給しながら、第二展望台を目指します。道は、平坦なところやら足場の悪い岩の上やら様々。でも、苦労して着いた先の風景は格別でしたよ!

キングスキャニオン

迫力満点の断崖絶壁を上下で攻める!

キングズキャニオンは、エアーズロックから北東309km離れた、ワラルカ国立公園(Watarrka National Park)内にある断崖絶壁です。トレッキングコースは、往復6kmの約3〜4時間を要するリムウォークと往復2.6kmの約1時間半のクリークウォークがあります。高さ約270mもある絶壁の上を歩きたいあなたには、断然、リムウォーク。一方、絶壁を下から見上げたいあなたには、クリークウォークがオススメです。

「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台なのに日本人が少ない!?


エアーズロックや風の谷にその名声を取られた感があるキングズキャニオンですが、2004年に大ヒットした日本のドラマ「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台はここなんですよ!その割には日本人観光客が少ないのは、みんなエアーズロックで満足してしまっているから?いえいえ、ツアー参加者の間では「エアーズロックよりも良かった!」と断言する声が続出中。ならば、自分の足で登って絶景を見て感じるほかありませんよね?というわけで、私自身もリムウォークを体験してきました!

リムウォーク体験談

高所恐怖症の私ですが、せっかく来たからには絶景が見たい気持ちが勝って、往復6kmのリムウォークを選択。参加者は、私以外日本人はいませんでしたが、それが穴場だと思いました。

さて、ツアーの一行は、ガイドさんに後押しされて歩きます。はじめの元気なうちは、綺麗な鳥や見たこともない爬虫類に遭遇してハイテンションだったのですが、急な断崖は限りなく続きます。途中で心が折れそうになる自分を叱咤しながら目指した頂上に立つと・・・もう大満足の眺めがそこに広がっていましたよ!

リゾート


エアーズロック・リゾートとは、エアースロック(ウルル)から車で約20分のところにある宿泊施設のことです。ウルル=カタ・ジュタ国立公園(Uluru-Kata Tjuta National Park)は、日帰りではとても観光できないので、観光客は、ここで滞在することになります。リゾートの宿泊施設は、3~5星ホテル、キャンプ場、アパートメント、大部屋のドミトリーなどが揃います。したがって、一人でも家族でもハネムーナーでも、予算や目的に応じて選べますね。

千差万別に過ごせるリゾート地!

エアーズロック・リゾート内では、各種の宿泊施設のほかに、銀行、郵便局、警察、診療所、ショッピングセンターなどがあります。また、カフェバーや各種のレストランがあるので、サンセットや砂漠上の夜空を見ながら、極上のディナーが楽しめます。ビジターズ・センターに行けば、各種の観光案内や無料の地図が手に入りますし、ツアーやレンタカーを手配することもできます。

エアーズロック・リゾート内の代表的な宿

  • セールズ イン ザ デザートホテル・Sails In The Desert・・・特に日本人ハネムーナーに人気の5つ星ホテルです。
  • ロンギチュード131°・Longitude 131°・・・サファリ・テントを模した客室をもつ、国内指折りの高級ホテルです。
  • ロストキャメル・The Lost Camel・・・ショッピングセンターの隣にあるスタンダードなホテルです。客室は広くないですが、機能的かつスタイリッシュなデザインが心地良いです。
  • エミューウォーク・アパートメンツ・Emu Walk Apartments・・・特に家族連れやグループに人気の、キッチン付きのアパートタイプのホテルです。こちらもショッピングセンターに隣接しています。

国立公園内には、エアーズロック・リゾート以外に宿泊施設がありません。かならず事前に予約をしてくださいね。

アリス・スプリングス

ウルル=カタ・ジュタ国立公園への観光拠点


アリス・スプリングスは、ダーウィンから1431km離れた、ノーザンテリトリー第2の都市です。アボリジニーが多く住んでいることでも知られており、アボリジナルアートを見るには打って付けの場所。また、ウルル=カタ・ジュタ国立公園へ行くための、重要な観光拠点で、アリス・スプリングスからの直行バスもあります。

充実のアクティビティが揃う観光の街

アリス・スプリングスは、観光業に力を入れている街ですから、アクティビティは豊富です。例えば、アリス・スプリングス爬虫類センター(Alice Springs’ Reptile Centre)。爬虫類好きにはたまらない場所でしょう。一方、アリス・スプリングス・デザート・パーク(Alice Springs Desert Park)は、バードウォッチャーに必見!他にも、トレッキング・サイクリングを楽しむ、4WDでドライブする、ラクダで砂漠を散策する、ヘリコプターで遊覧飛行するなど、様々なアクティビティが揃っています。

見て回るだけでもいろんな発見がある街

ツアーに参加せずに、街を歩くだけでもいろんな発見があります。前述の通り、この街にはアボリジニーが多く住んでいますので、彼らが作るドット・ペインティング(点描画)や工芸品などが、あちこちで売られています。

ストリート・マーケットでのショッピングもいいですよ!ここで、地元の人たちとの交流を楽しんでみては?

街の全景を見たければ、アンザック・ヒル(Anzac Hill)まで歩いて登ります。そこで、サンセットを見るのもいいですよね?

デビルズ・マーブルズ

ツアーで行きたい不思議な岩石群

デビルズ・マーブルズ(Devils Marbles)は、ダーウィンから1160km南、ダベンポート山脈(Davenport Range)にある岩石群です。「悪魔のビー玉」と称される通り、巨大な石球がゴロゴロと約1800ヘクタールに渡って散在しています。自然の力だけでここまで丸い岩を作ることができるなんて!この不思議な光景に、感心せずにはいられません。デビルズ・マーブルズは、アクセスが困難な場所にあるので、ツアーがオススメです。

デビルズ・マーブルズもアボリジニーの聖地

デビルズ・マーブルズは、先住民アボリジニーに「丸い巨石」を意味する「カール・カールKarlu Karlu」と呼ばれています。そして、ここも彼らの聖地の一つとして崇められています。よって、周辺トラックを歩くときは、アボリジニーの土地にお邪魔していることを忘れずに!自然にひびが入ったり真っ二つに割れたりしている岩石などを、むやみに触って傷つけないようにしてくださいね。

デビルズ・マーブルズ体験談

アリス・スプリングスから北に約400km、念願のデビルズ・マーブルズに着きました!天気は雲ひとつない快晴でした。だから、デビルズ・マーブルズがくっきり映えてとても綺麗に見えました。

やっぱり一番見たかったのは、観光誌の写真でよく見る2つ並んだ石球。その間に入って記念撮影をし、その大きさを確認。私(170cm)の3倍以上はありましたね。次に見たかったのは、綺麗に半分に割れた石球。きっと花崗岩だから、朝晩温度差が激しいアウトバックの気候に弱いんでしょう。

どの岩石も微妙なバランスで散在していて、特に丸いものは今にも転げ落ちてしまいそうです。次ここに来た時には、今も受けている風化や侵食のせいで、違う形になっているかもしれませんね。

フィールドオブライツ

ウルルと光の草原をテーマに作成された体験型アート作品。光の中を歩くことができます。サンセット夕日ツアーのあとに追加でフィールドオブライツツアーを付けることが可能です。期間限定です!

星空

ウルルに行った旅行者が一番オススメ!と答えるのが星空。砂漠の何もないところなので、星空がとってもキレイです! 天の川が手に届きそうなくらいに壮大。キャンプツアーの方がキレイ!と皆様コメントれてますがバッパーやホテルに宿泊しても夜外へ出れば、星空を堪能できます。


オススメはBBQディナーとスカイトークツアー。オーストラリア風BBQディナーのあとに、南半球の星座のお話を聞くことができます。

ラクダツアー

オーストラリアは世界一野生のラクダが多いってご存知でしたか?ラクダに揺られながら冒険家になって、ウルルの夕日を眺めにいきませんか?

カタジュタと風の谷の違いについて

風の谷はカタジュタ国立公園内のトレッキングコースの名前

Kata Tjuta=カタジュタとValley of the Winds=風の谷は同じ意味で利用されることが多いですが正確には違うものです。

Kata Tjuta=カタジュタの正式名はKata Tjuta National Parkです。カタジュタ国立公園のことを短くカタジュタとよびます。カタジュタには36個のドームと呼ばれる巨大な丸い岩があり、ウルルと同じくらい人気がある観光名所の一つです。

カタジュタ国立公園内には、2つのトレッキングルートがあります。一つはW ALPA GORGE=ウォルパ渓谷。往復2.6KMで約1時間のトレッキングです。もう一つがValley of the Winds=風の谷です。風の谷のトレッキングコースは往復5.4KMで約2時間30分かかります。

カタジュタ国立公園内のトレッキングコース

風の谷コース ウォルパコース
往復5.4KM 往復2.6KM
往復2.5時間 往復1時間
気温36度以上で閉鎖 いつでもOK

風の谷のトレッキングコースは温度が36度以上になると閉鎖されるため、風の谷のコースを申し込みしていても、当日のお天気でウォルパ渓谷のコースに変更されることもあります。

通常のカタジュタツアーではウォルパ渓谷のトレッキングコース往復2.6KMを約1時間かけてガイドと一緒に歩きます。途中ガイドがカタジュタについての歴史などを解説してくれます。ウォルパ渓谷のトレッキングコースでも十分楽しめるコースで、風の谷とそんなに景色も違いません。。。なので、風の谷=カタジュタ=ウォルパ渓谷といういみで利用されていることが多いです。


カタジュタ国立公園内の風の谷トレッキングコースのツアーに参加したい方は、こちらのツアーをご覧ください。ツアーは英語のみで催行です。

まとめ

ノーザン・テリトリーにあるアウトバックの名所、いかがでしたでしょうか?季節・時間帯によって、様々な表情を見せてくれる自然の産物は、ただそこに在るだけで美しい・・・。あとの楽しみ方は、あなた次第です。ある人は、自分の足で歩いて、大自然の産物を確かめたいでしょうし、またある人は、4WD・ラクダ・ヘリコプター等を利用して、その風景を眺めたいでしょう。いずれにしても、初心者の場合、アウトバックへの旅は、ツアーで行くことをオススメします。ツアーで行けば、アクセスの悪い僻地へも、効率よくアプローチできますよ。

 

ローカルで働きませんか?ローカルの仕事・ファームの仕事を紹介します。

開く 閉じる